ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > 学習用教材の訪問販売を行う事業者に対する指示処分及び勧告

学習用教材の訪問販売を行う事業者に対する指示処分及び勧告

学習用教材の購入を勧誘していた訪問販売業者に指示処分及び勧告を行いました

 愛知県は、家庭教師の無料体験のダイレクトメールを送るなどして、体験を申し込んだ消費者宅を訪問し、学習用教材の売買契約の締結について勧誘する目的であることを告げていなかった事業者に対し、平成30年3月26日付けで、特定商取引に関する法律(以下「法律」という。)に基づく指示及び県民の消費生活の安定及び向上に関する条例(以下「条例」という。)に基づく勧告を行いました。

1 事業者の概要

(1) 名  称 有限会社サスケ
(2) 代 表 者 取締役 間下 和政(ました かずまさ)
(3) 所 在 地 名古屋市中区栄四丁目16番24号 メーゾンオザワビル902
(4) 資 本 金 300万円
(5) 設  立 平成12年7月5日
(6) 事業概要 学習用教材の訪問販売
(7) 従業員数 7名(平成30年1月末現在)

2 取引の概要

  有限会社サスケ(以下「同社」という。)は、家庭教師ヴォックスという名称で無料体験として消費者宅を訪問し、学習用教材の売買契約の締結について勧誘し、当該契約を締結していたものである。

3 処分等の内容

(1) 特定商取引に関する法律第7条第1項に基づく指示
ア 訪問販売をしようとするときは、その勧誘に先立って、その相手方に対し、販売業者の名称、売買契約の締結について勧誘をする目的である旨及び当該勧誘に係る商品の種類を明らかにすること。
イ 訪問販売に係る売買契約の締結について迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘をしないこと。
(2) 県民の消費生活の安定及び向上に関する条例第13条の3に基づく勧告
   販売目的の隠匿、長時間の迷惑勧誘を行わないこと。

4 消費生活相談の状況(平成30年2月末現在)

・受付件数(直近3年間)
 平成29年度:県3件 市町村6件 計 9件
 平成28年度:県6件 市町村8件 計14件
 平成27年度:県8件 市町村4件 計12件
・契約者年齢(平均 42.5歳(最低33歳、最高72歳))
 30代:8件 40代:16件 50代:3件 70代:1件 不明7件
・契約金額
 平均 642,347円(最低95,000円、最高1,101,500円)

5 指示処分及び勧告の対象となる不当な取引行為

 同社は、以下のとおり特定商取引に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律第60号)による改正前の特定商取引に関する法律(以下「旧法」という。)及び条例に違反する行為並びに特定商取引に関する法律施行規則の一部を改正する命令(平成29年内閣府・経済産業省令第1号)による改正前の特定商取引に関する法律施行規則(以下「旧施行規則」という。)に該当する行為を行っており、訪問販売に係る取引の公正及び購入者の利益が著しく害されるおそれがあると認められた。
(1) 勧誘目的等の不明示(旧法第3条)
   同社の営業員は、消費者に対し、勧誘に先立って、同社の名称、売買契約の締結について勧誘をする目的である旨及び勧誘する商品の種類(学習用教材)を明らかにしていなかった。
(2) 迷惑勧誘(旧法第7条第4号・旧施行規則第7条第1号)
   同社の営業員は、午後10時過ぎまで3時間を超える勧誘を行っていた。
(3) 販売目的の隠匿(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第1号)
  上記(1)の事実と同じ。
(4) 長時間の迷惑勧誘(条例第13条第2項、条例施行規則第2条第11号)
  上記(2)の事実と同じ。

違反行為の主な事例・関係法令

処分の内容に関するお問い合わせ

愛知県県民生活部県民生活課
事業者指導グループ(消費生活相談窓口ではありません。)
担当:安藤・大野
ダイヤルイン:052-954-6166

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)