ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > パスポート:(2)切替申請

パスポート:(2)切替申請

対象となる場合

  • パスポートの有効期間が1年未満になったとき
  • パスポートを損傷したとき
  • パスポートの査証欄が残り少なくなったとき
     ※増補申請を選択することもできます(ただし、パスポート1冊に対し1回限り)。→増補申請
  • 有効中のパスポートの記載事項(氏名、本籍地の都道府県名等)に変更があったとき
     ※記載事項変更申請を選択することもできます。→記載事項変更申請

申請に必要な書類

  1. 一般旅券発給申請書(10年用・5年用 ただし20歳未満は5年用)…1通
  2. 戸籍謄本又は戸籍抄本(発行日から6か月以内のもの)…1通
     ※有効中のパスポートをお持ちで、氏名や本籍地の都道府県名等に変更がない場合は、省略できます。詳しくは下へ(戸籍謄本又は戸籍抄本について)
  3. パスポート用の写真(6か月以内に撮影されたもの)…1枚
  4. 有効中のパスポート

その他の書類が必要になる場合

  • 申請者本人が窓口に来ることができない方
    代理提出
  • 転居届提出後すぐに申請をされる方、又は住民基本台帳ネットワークでの検索を希望されない方
    住民票の写し
  • パスポートの記載事項(氏名、本籍地の都道府県名等)に変更がある方で、切替申請を行う際に、提出された最新の戸籍謄本又は戸籍抄本で記載事項の変更内容が確認できない方
    →有効中のパスポートの記載事項が確認できる戸籍謄本(抄本)等

その他

損傷について

 損傷による切替の場合、損傷の程度によっては代理提出ができない場合があります。
 →損傷

戸籍謄本又は戸籍抄本について

 有効中のパスポートをお持ちで、パスポートの記載事項(氏名、本籍地の都道府県名、性別等)に変更のない場合は、戸籍謄本又は戸籍抄本の提出を省略することができます。
 ただし、以下の方は戸籍謄本又は戸籍抄本の提出を省略できませんので注意してください。
パスポートの記載事項(氏名、本籍地の都道府県名、性別等)が変わった方
パスポートを著しく損傷した方
外国人との婚姻等のため初めてヘボン式以外のローマ字表記や別名併記を希望される方

 なお、戸籍謄本又は戸籍抄本の提出を省略される場合でも、申請書には本籍を戸籍のとおりに番地まで記入する必要がありますので、申請の際は、事前に番地までの本籍を確認しておいてください。

有効中のパスポートについて

 有効中のパスポートは申請の際にお預かりします。また、申請により有効中のパスポートは失効します。(パスポートの有効期間は切り捨てになります。)

旅券番号について

 現在お持ちの有効中パスポートの旅券番号と新たに発給を申請されたパスポートの旅券番号は異なります。

申請窓口

  平成24年4月から、旅券発給事務の市町村への権限移譲を行っており、一部の市町村でパスポートの申請・受取の窓口が開設されています。
 移譲を受けた市町村に住民登録をされている方は、原則として、それぞれの市町村が指定する窓口でパスポートの申請・受取の手続きを行っていただくこととなります。

 → 窓口

 

受取までの日数

  • 愛知県旅券センター及び東三河広域連合旅券センター豊橋窓口で申請した方
      →申請日を1日目とし、土・日・祝休日・年末年始(12/29~1/3)を除く平日のみを数えて6日目から受け取れます。
  • 西三河・豊田加茂旅券コーナー及び市町村窓口で申請した方
      →申請日を1日目とし、土・日・祝休日・年末年始(12/29~1/3)を除く平日のみを数えて8日目から受け取れます。

 受取開始予定日となりましたら、お早めにお受け取りください。受取開始予定日から6か月以内に受け取らないとそのパスポートは失効し、お渡しできなくなります。
 受取には必ず御本人がお越しください。
 →受取までの日数一覧
 →受取される方への御案内

手数料

  • 10年旅券(20歳以上の方のみ)…16,000円(収入印紙14,000円分+愛知県収入証紙2,000円分)
  • 5年旅券(12歳以上の方)…11,000円(収入印紙9,000円分+愛知県収入証紙2,000円分)
  • 5年旅券(12歳未満の方)…6,000円(収入印紙4,000円分+愛知県収入証紙2,000円分)

※ 申請日が12歳の誕生日の前日の場合には12歳とみなされます(「年齢計算ニ関スル法律」(明治35年法律第50号)第1項)。

 パスポート受取時までに御用意ください。
 申請窓口の近くにも収入印紙・愛知県収入証紙売場があります(申請時に窓口で御確認ください。)。
 →手数料一覧

注意点

 愛知県で手続きができるのは、原則として愛知県内に住民登録をしている方です。
 ただし、一定の要件を満たし、愛知県内に実際のお住まいがある方は、居住先を証明する資料を提出することで、愛知県で申請(届出)することができる場合があります。
 →愛知県内に住民登録がない方

問合せ

愛知県 県民文化局 県民生活部 県民生活課【愛知県旅券センター】
〒450-6015 名古屋市中村区名駅1丁目1-4 JRセントラルタワーズ15階
電話:052-563-0236
メールでのお問合せはこちら