ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

実施要領

実施要領等

熱中症対策に資する現場管理費補正(試行)の実施について

近年の夏季における猛暑日などの気候状況を考慮し、工事現場の熱中症対策に係る費用に関して現場管理費の補正を試行することとしました。

1.対象工事 主たる工種が屋外作業である工事を対象とする。

         ただし、工場製作工を含む工事は当該期間を工程から除くものとする。

2.適 用  愛知県建設局及び都市整備局の発注工事で、平成31年4月1日以降に入札公告または指名通知を行う工事から適       

        用する。なお、平成31年4月1日以降に入札公告または指名通知を行った既契約工事においても適用出来るもの

        とする。  

愛知県建設局契約後VE実施要領

 契約後VEとは、民間の技術開発を積極的に活用することにより、建設工事のコスト縮減を図るため、契約締結後に請負者から設計図書に定める工事目的物の機能、性能等を低下させることなく請負代金額を低減することを可能とする、工事材料、施工方法等に関する設計図書の変更に関する提案を受け付ける契約方式である。

土木工事「設計・施工条件確認会議」実施要領

請負者・設計受託者・発注者の三者が一同に会し、設計意図、施工に関する課題及びリスクを洗い出し、それらの考え方や方針を共有することにより意志決定の迅速化、及び工事目的物の機能確保、品質向上及び安全施工を図ることを目的としています。

電子メールを活用した情報共有実施要領

発注者と請負者の情報共有について、電子メールを利用する場合の方法について定めています。

※「情報共有」とは、工事中のプロセスにおいて、必要な情報を発注者と請負者で電子的に交換し、相互利用することです。

ICT活用工事 実施要領

 現場作業の効率化と働き方改革の推進のため、愛知県ではICT活用工事の取組を進めています。
 ICT活用工事の各実施要領について、詳しくは「施工の情報化」をご覧ください。 

概算数量発注方式 要領

 事業の円滑な積算と執行、契約の効率化を促進するため、概算数量発注方式について定めています。

※概算発注方式とは、、当初設計で平面図、標準断面図を明示し、概算の数量を算出して発注する工事をいう。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)