ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建設企画課 > 愛知県建設部総合評価落札方式の運用改正を行います。

愛知県建設部総合評価落札方式の運用改正を行います。

愛知県建設部総合評価落札方式の運用改正を行います。

 公共工事においては、行き過ぎた価格競争、現場の担い手不足、受発注者の負担増大などを背景として、公共工事の品質確保とその担い手の中長期的な育成・確保に向け、工事の内容に応じて、価格だけでなく、品質確保につながる企業の技術力などを総合的に評価する総合評価落札方式が採用されています。

 愛知県建設部においても「愛知県建設部総合評価落札方式」を運用し、「技術提案」、「企業の技術力」、「配置予定技術者の能力」、「地域精通度・地域貢献度」など工事内容に応じた適切な評価等に取り組んでいるところでありますが、これまでの運用状況を踏まえ、平成29年4月から「愛知県建設部総合評価落札方式」の運用を以下のとおり改正します。

 今回の改正内容では、女性の活躍促進に関する評価等を新たに追加しております。

1 改正項目

 平成29年度愛知県建設部総合評価落札方式の改正項目は以下のとおりです。

  (1)地域精通度・地域貢献度の評価内容の追加
    (女性の活躍促進に関する取組として、広域型(注)の工事において「あいち女性輝きカンパニー」を、地域型(注)の工事において「女性の活躍
     促進宣言」を評価)
  (注)地域型:入札参加企業の主たる営業所の所在を愛知県内又は愛知県内の一部地域に限定する工事
     広域型:地域型以外の工事

  (2)企業の工事成績等
    (解体工事業の評価)

  (3)建設機械の保有
    (解体工事業の評価)

  (4)形式選定基準の運用改正
    (簡易な形式に変更する場合の運用)

  (5)簡易型の運用改善
    (「総合評価落札方式(簡易型) 技術提案 課題設定・評価マニュアル」の内容の追加)

  (6)特別簡易型の運用改善
    (特別簡易型の事務手続きの簡素化)

 上記改正項目の内容については、下記をご参照ください。

2 適用

  改正の適用については、平成29年4月1日公告の発注工事から実施します。
  なお、平成28年度運用の「愛知県建設部発注工事における総合評価落札方式の運用ガイドライン(平成28年4月)」は下記をご参照下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)