ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建設総務課 > 低入札対策の強化について

低入札対策の強化について

低入札対策の強化について

2019年6月21日(金曜日)記者発表
 愛知県建設部門(建設局、都市整備局及び建築局)、農林水産部門(農業水産局及び農林基盤局)並びに企業庁では、工事等(建設工事及び設計・測量・建設コンサルタント等業務)の適正な履行、下請業者へのしわ寄せ防止、安全管理体制の確保などの観点から、低入札対策に取り組んでいます。
 この度、工事等の更なる品質確保等の観点から低入札対策の強化を図るため、国の取扱いに準じて低入札に係る調査基準価格等(調査基準価格、失格判断基準及び最低制限価格)の算定方法の見直しを行います。

1.改正内容

1 工事等に係る低入札価格調査制度の「調査基準価格」及び最低制限価格制度の「最低制限価格」について、設定の範囲を予定価格の「70%~90%」から「75%~92%」に引き上げます。
2 建設工事に係る低入札価格調査制度の「失格判断基準」について、
・直接工事費の算定率を「75%」から「90%」
・共通仮設費及び現場管理費の算定率を「70%」から「80%」
・機器単体費の算定率を「69%」から「81%」
に引き上げます。
3 設計・測量・建設コンサルタント等業務のうち、地質調査業務に係る低入札価格調査制度の「調査基準価格」及び「失格判断基準」並びに最低制限価格制度の「最低制限価格」について、算定に使用する諸経費等の算入率を「45%」から「48%」に引き上げます。
※算定式の詳細は記者発表資料のとおりです。

2.改正時期

 2019年7月1日以降に公告又は指名通知を行う案件から適用します。

【お問い合わせ】
 愛知県建設局土木部建設総務課
 契約第一グループ 
 担当:桒原・坂野
 内線:2632・2635
 ダイヤルイン:052-954-6608
 愛知県建設局土木部建設企画課
 調整グループ
 担当:松浦・牧野
 内線:2887・2888
 ダイヤルイン:052-954-6506
 愛知県農林基盤局農地部農林総務課
 契約グループ
 担当:鈴木・清水
 内線:3628・3656
 ダイヤルイン:052-954-6394
 愛知県企業庁管理部総務課
 契約グループ
 担当:中田・佐藤
 内線:5615・5618
 ダイヤルイン:052-954-6671

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)