ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資料編36 現代

特徴

1 愛知県の現代をこの1冊で俯瞰しました

近代の資料編12巻を受けて、終戦(1945年)から昭和の終わり(1989年)ころまでを4期に分け、各期を政治・行政、産業・経済、社会・文化の三つの章で構成し、県の歴史の全体を俯瞰できるような資料を収録しています。伊勢湾台風については、別に1章を設けています。

2 「われらが愛知」を多用な資料で描きました

日本の中心という地理的優位性のもとで、多彩な地域資源を活用した内発型の発展を遂げてきた本県は、「ものづくり」を基盤とし、協働・共生のコミュニティを重視する社会を築いてきました。本巻では、そうした愛知県の姿につながる資料を取り上げています。

 

内容

第1編 敗戦から復興へ 《1945-1952年》

敗戦直後の物資も情報も乏しい中で、県民の不安と安堵との交錯する様子や、次第に明らかになる空襲被害の状況の中で、県の行政組織や政治・政党の動き、繊維・陶磁器等の地域産業復活の状況、農地改革の実績、そして県民生活の再生の中での民間福祉の基盤形成、教育改革や文化の復興等について採録しています。また、県財政の動きと社会運動については、各編ごとに特徴的なものを扱っています。

第2編 成長への胎動 《1952-1960年》

桑原県政定着とともに、総合計画の策定にもとづく県独自の施策が、市町村合併や愛知用水建設といった社会基盤整備と臨海工業地帯の発展とともに進みます。また、情報基盤の整備としてテレビ放送の開始がみられ、生活改善や青少年の保護育成などについても、具体的な資料を掲載しています。この期に起きた伊勢湾台風については、6年前の13号台風の深刻な災害への対応の遅れを教訓に防災体制の強化が意識され、その後のわが国の防災に対する考え方の原点となったことを示す資料を掲載しています。

第3編 高度成長 《1960-1973年》

高度成長の展開として工業の発展を裏付ける資料を採録しています。さらに、都市化の進展のもとで、中部圏への視座の拡大やモータリゼーションの進展として、交通整備計画、ニュータウン計画などを取り上げました。流通業の再編としてのスーパー店の展開を掲載しています。また、公害への対策といった新しい課題への対応を示す資料を採録しています。

第4編 成長から成熟へ 《1973-1989年》

桑原県政から仲谷・鈴木知事の時代を迎え、交流・発信力の増強として、名古屋オリンピックの招致活動や中部国際空港の推進などの資料を掲載しています。また、産業を超えた「省エネルギー」対策の事例を取り上げ、貿易摩擦への対応と海外生産の展開やライフスタイルの変化への対応を示す資料を採録しました。コミュニティ政策も本県の特徴を示すものでしたが、調和ある県民社会への展望として、産業首都構想、国際化とともに、地域生活の充実という発展目標を示した資料を掲載しています。

 

(菊判、布クロス装、函入り、1,014ページ)

販売価格 5,000円(税込)

1949年頃の愛知県庁

1949年頃の愛知県庁

(William S. Perry氏撮影 岡崎茂氏提供)