ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 研究施設用地開発課 > 2020年第2回「トヨタ自動車新研究開発施設に係る環境監視委員会」の開催について

2020年第2回「トヨタ自動車新研究開発施設に係る環境監視委員会」の開催について

2020年10月5日(月曜日)発表

2020年第2回「トヨタ自動車新研究開発施設に係る環境監視委員会」の開催について

 愛知県企業庁及びトヨタ自動車株式会社は、トヨタ自動車新研究開発施設の造成・建設工事及び供用に当たって、専門家の指導及び助言を得て、的確な調査、科学的・客観的な調査結果の解析及び考察等を適切に行うことを目的とし、2012年次から定期的に「トヨタ自動車新研究開発施設に係る環境監視委員会」を開催しています。
 この度、2020年第2回の委員会を下記のとおり開催します。

1 日時

2020年10月12日(月曜日) 午後1時30分から午後3時まで

2 会場

愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 10階 1001会議室

(場所:名古屋市中村区名駅4丁目4-38 電話番号:052-571-6131)

※新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、一部委員はオンラインで参加します。

3 議事等

(1)報告

 ア これまでの委員会における指摘事項及びその対応

 イ 猛禽類(※1)とミゾゴイ(サギ類)(※2)の営巣状況(2020年次)

(2)議事

 ア 環境調査計画書(2021年次版)

 

※1:サシバ、ハチクマ、オオタカなどの生態系の上位に位置する肉食の鳥類の総称。環境改変や環境汚染等の影響を受けやすく、国内外を問わず多くの種が減少傾向にあると推定されている。

※2:夏に日本に飛来し繁殖するサギの仲間。およそ標高1,000m以下の平地から低山帯に生息し、ほぼ日本のみで繁殖する。

4 構成員

構成員
 氏 名 所 属 等 備 考
  大畑 孝二(おおはた こうじ) 公益財団法人日本野鳥の会施設運営支援室室長オンライン参加
  織田 銑一(おだ せんいち) 元名古屋大学教授 
  北田 敏廣(きただ としひろ) 豊橋技術科学大学名誉教授オンライン参加
  洲崎 燈子(すざき とうこ) 豊田市矢作川研究所主任研究員オンライン参加
鷲見 哲也(すみ てつや) 大同大学教授 
芹沢 俊介(せりざわ しゅんすけ) 愛知教育大学名誉教授 
  高橋 伸夫(たかはし のぶお) 愛知県野鳥保護連絡協議会議長オンライン参加
  谷口 義則(たにぐち よしのり) 名城大学教授オンライン参加
  成瀬 治興(なるせ はるおき) 愛知工業大学名誉教授 
  柳澤 紀夫(やなぎさわ のりお) 公益財団法人山階鳥類研究所評議員オンライン参加

   委員長 副委員長                             (敬称略、五十音順)

5 その他

(1)傍聴を希望される方は、当日の午後1時から午後1時20分まで、会場で傍聴の申込みを受け付けます。傍聴人の定員は10名で、定員を超えた場合は抽選により傍聴人を決定します。抽選で漏れた方は、傍聴していただくことはできませんので、御承知おきください。

(2)新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の事項について御協力ください。

・傍聴の受付時には、健康状態申告書の記入をお願いいたしますので、あらかじめ体温を測定の上、御来場ください。

・発熱等の症状がある場合は傍聴を御遠慮ください。

・傍聴される場合は、マスクを着用し、咳エチケットに御留意ください。また、入室前に手指消毒の実施をお願いします。

(3)会議に用いられる資料のうち、重要な動植物の生息・生育位置に関する情報を含む部分については、お示しできませんので、御承知おきください。

(4)報道関係者によるカメラ撮影は、重要な動植物の生息・生育位置に関する情報を含む資料を撮らないよう御配慮ください。

(参考)委員会の設置目的

 本委員会は、トヨタ自動車新研究開発施設の造成・建設工事及び供用に当たって、環境調査を実施して環境に及ぼす影響を把握するとともに、その調査結果に基づき、適切な環境保全対策を講ずるため、専門家の指導及び助言を得て、的確な調査、科学的・客観的な調査結果の解析及び考察、並びに、環境保全措置、森林・谷津田(里山)の保全・維持管理等への調査結果のフィードバックを適切に行うことを目的とします。

 なお、これまでの本委員会の開催結果は以下の県研究施設用地開発課のWebページを御覧ください。

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kigyo-kaihatsu/0000050214.html