ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 企画課 > 【記者発表】愛知県大学対抗ハッカソン“Hack Aichi 2020”(オンライン開催)の参加大学が決定しました

【記者発表】愛知県大学対抗ハッカソン“Hack Aichi 2020”(オンライン開催)の参加大学が決定しました

 愛知県では、愛知県経営者協会及び同協会会員企業等の協力・協賛の下、大学生・大学院生がIT関連の新たな製品・サービスを開発する「愛知県大学対抗ハッカソン(※1)“Hack Aichi 2020”」を2020年11月1日(日)から11月15日(日)にかけて開催します(参加大学の募集は2020年8月25日発表済み)。
 この度、以下のとおり、参加大学が決定しましたのでお知らせします。なお、2020年11月15日(日)午後3時30分から実施する「最終プレゼン、審査、結果発表」につきましては、YouTubeLive(※2)で配信します。 

 ※1ハッカソン:ソフトウェアのエンジニアリングを指す「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語で、ITを活用して新たな   
           製品・サービスの開発を競い合うイベント。
 ※2配信URL:https://jellyware.jp/hackaichi/

1 開催日時

2020年11月1日(日)から11月7日(土)まで     事前セミナー動画の配信
2020年11月7日(土)午後1時00分から午後3時30分まで    アイデアソン (※1)
2020年11月7日(土)から11月14日(土)まで             開発期間 (※2)
2020年11月15日(日)午後3時30分から午後6時30分まで  最終プレゼン等

 ※1アイデアソン:「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語で、新しいアイデアを生み出すために行われるイベント。  
 ※2 参加者は任意の場所・時間において自由に開発を行う。

2 参加大学(全14大学61名) [国立、公立、私立の区分ごとに五十音順、[ ]は参加人数]

・県内大学(11大学)

  【国立】豊橋技術科学大学[5]、名古屋大学[5]、名古屋工業大学[3]
  【公立】愛知県立大学[5]、愛知県立芸術大学[4]
  【私立】愛知工科大学[5]、愛知産業大学[5]、中京大学[4]、中部大学[5]、豊田工業大学[3]、名城大学[5]

 ・県外大学(3大学)

  【国立】岐阜大学[5]、静岡大学[3]
  【私立】関西学院大学[4]        

【愛知県大学対抗ハッカソン“Hack Aichi 2020”の開催概要】

(1)  テーマ

 「モノづくり×AI・IoT」で新型コロナウイルスの脅威を解決しよう!

 (サブテーマ)
  1 モノづくり王国「愛知県」で考える新型コロナウイルスから身を守る方法
  2 新型コロナウイルスが終息した「愛知県」の未来
 
 ※サブテーマの内容に沿った「課題」を協賛企業から募集し、参加者はその中から自らのチームの「課題」を選択し
   て、その解決に向けた開発を行う。

(2) 協力

   愛知県経営者協会

(3) 協賛(五十音順)

   株式会社エスケイワード、兼房株式会社、サイボウズ株式会社、CKD株式会社、

   中部電力株式会社、株式会社デンソー、豊島株式会社、トヨタ自動車株式会社、

    日本IBM株式会社、日本ガイシ株式会社、株式会社マキタ

(4) タイムスケジュール

<11月1日(日曜日)~11月7日(土曜日) 事前セミナー動画の配信>

  1時間程度

<事前セミナー概要>

任意の時間にスマートフォンやパソコンから視聴可能なオンラインセミナー方式。AI関係の製品・サービスづくりにもつながる、ディープラーニング(※1)の基礎について学ぶことができるセミナー内容。

<セミナータイトル>

「よくわかるディープラーニングウェビナー(※2)」
 ※1 ディープラーニング:コンピューターが自動でデータ解析を行う機械学習の手法のひとつで、「深層学習」とも呼ばれる。
   AIの発展を支える中心技術で、自動運転、小売り、医療にも活用される。

  ※2 ウェビナー:「ウェブ」と「セミナー」を合わせた造語で、オンライン上で行われるセミナーを指す。

<11月7日(土曜日) アイデアソン>

  13時00分
  ~13時05分

主催者挨拶(愛知県政策企画局企画調整部企画課長)

  13時05分
   ~13時20分

オリエンテーション、ルール説明、課題発表等

 13時20分
  ~14時50分

アイデアメイキング

 14時50分
  ~15時20分

最終アイデア、開発プラン発表 / 投票

(アイデアスケッチ(※)をチームごとに発表し、オンライン投票を行う)

※アイデアスケッチ:アイデアの概要をイラストや図、数字などで表して、アイデアを視覚的に表現(チーム1枚)。

 15時20分
  ~15時30分

投票結果発表  / 今後の案内

<11月7日(土曜日) ~ 11月14日(土曜日) 開発期間>

・アイデアソン終了後からプレゼン開始までの1週間を開発期間とする。

・参加者は任意の場所・時間において自由に開発を行う。

・参加者は協賛企業のメンターから技術的助言を受け、開発に取り組む。

<11月15日(日曜日) 最終プレゼン等>

  15時30分
  ~17時00分

最終プレゼン

   17時00分
     ~18時00分
  審査
      18時00分
    ~18時30分
  結果発表、閉会

(5) 審査基準

・独創性
   − 学生らしい独創的な発想による作品なのか。
・社会的必要性
  − テーマの課題を解決している作品なのか。
・作品の技術力
  − アイデアが具現化された作品なのか。
・作品のデザイン力
  − 機能だけではなくユーザー目線からデザインされている作品なのか。
・チームワーク
  − チームワークがよく、情熱を持っているチームなのか。
・総合力
  − 総合的に判断して優れた作品なのか。

(6) 審査員

・大槻 将久 (おおつき のぶひさ) 氏
 トヨタ自動車 Rフロンティア部 主任/MONO Creator's Lab 代表

・大西 彰 (おおにし あきら) 氏
  日本IBM株式会社 デベロッパー・アドボカシー事業部長

・鈴木 孝昌 (すずき たかまさ) 氏
  株式会社テクムズ 代表取締役

・富田 剛史 (とみた つよし) 氏
  東朋テクノロジー株式会社 取締役

(7) 賞・賞金及び参加特典

・最優秀賞(愛知県知事賞) 30万円×1チーム
・優秀賞(愛知県経営者協会賞) 10万円×2チーム
・特別賞
・企業賞
・参加記念品

(8) 愛知県大学対抗ハッカソン“Hack Aichi 2020”ホームページ

 URL: https://jellyware.jp/hackaichi

取材申込書

本イベントに関する問合せ先

愛知県大学対抗ハッカソン"Hack Aichi 2020"事務局

(JellyWare株式会社 担当:崔、嬉野)

電話: 03-6273-0758、FAX: 03-6273-0759、E-mail: info@jellyware.jp