ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 企画課 > あいち・とこなめスーパーシティ構想の実現に向けた提案書の国への提出について

あいち・とこなめスーパーシティ構想の実現に向けた提案書の国への提出について

 
 愛知県と常滑市では、中部国際空港島・周辺地域を中心に、我が国を代表する国際観光都市を実現するとともに、最先端技術・サービスの社会実装フィールドとすることでイノベーション創出の拠点化を進める、愛知・常滑ならではのスーパーシティ構想の検討を進めてまいりました。
 この度、これまでの検討成果を踏まえ、国のスーパーシティの公募に向けて「スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する提案書」を取りまとめ、4月16日(金曜日)に、愛知県と常滑市の共同提案として提出します。
 なお、昨年12月から本年1月にかけて募集した、構想の基本的な考え方(案)に賛同する事業者につきましては、この提案書の中で、「主要な事業者の候補」として登載しております(国への提案書に登載する主要な事業者の候補:延べ187事業者(先端的サービス間の重複を含む。))。

1 提出日

2021年4月16日(金曜日)

2 提案の概要

(1) 名称

あいち・とこなめスーパーシティ構想

(2) 対象区域

中部国際空港島・周辺地域

(3) 構想が目指す未来都市像

 「グリーン&イノベーション アイランド」
国内最大のモノづくり集積地の強みを生かし、グリーン&デジタル時代の新しいビジネスを創出し続ける、世界をリードする国際観光都市へ

(4) 先端的サービスの概要

1.未来を先取りする移動・物流システム
 (1) 自動運転・自動搬送サービス
 (2) 空飛ぶクルマやドローンによる空の移動・物流サービス
 (3) スマートモビリティサービス
 (4) 新しいモビリティの価値創出
2.すべての人々に満足を届ける最先端おもてなしサービス
 (5) OneID・キャッシュレスサービス
 (6) パーソナルコンシェルジュ
 (7) バーチャルあいち
3.ゼロ・カーボンで世界最高水準のレジリエンス機能の実現
 (8) クリーンエネルギー
 (9) 次世代エネルギーマネジメントシステム
 (10) 次世代アセットマネジメント
4.人口減少社会にふさわしい人に優しい社会の実現
 (11) 健康情報管理システムによるヘルスケア
 (12) ライフサポートプラットフォーム
5.世界最先端を創り続けるイノベーションエコシステムの構築
 (13) オープンイノベーションエリアの創出
 (14) スーパーシティの深化と市内展開

(5) 規制・制度改革の提案

自動運転、空飛ぶクルマ、水素利用などの分野で計34項目

(6) アーキテクト

 あいち・とこなめスーパーシティ構想の全体をリードし、未来社会における都市機能の実現に向けて、専門的な立場から助言・提言をいただく「アーキテクト」に世界的な建築家である隈研吾氏を選定。
 
〔隈研吾氏の学歴・主な職務履歴〕
・東京大学大学院建築学専攻修了(1979年)
・隈研吾建築都市設計事務所設立(1990年)、東京大学教授(2009~2020年)
・東京大学特別教授・名誉教授(2020年~)
〔主な受賞歴等〕
・日本建築学会賞(1997年)、毎日芸術賞(2010年)、情報文化学会大賞(2012年)、「持続可能な建築」世界賞2016(2016年)
〔愛知県における公職等の就任状況〕
・LOVEあいちサポーターズ あいち建築大使(2018年)

 

添付資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)