ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 中小企業金融課 > 「あいち・オースティン・イノベーション・キックスタートプログラム」テクノロジーの事業化に向けた研究者対象のワークショップの参加者を募集します!

「あいち・オースティン・イノベーション・キックスタートプログラム」テクノロジーの事業化に向けた研究者対象のワークショップの参加者を募集します!

「A2(Aichi-Austin) Innovation Kick-start Program (あいち・オースティン・イノベーション・キックスタート・プログラム)」テクノロジーの事業化に向けた研究者対象のワークショップの参加者を募集します!

 愛知県は、昨年10月、「Aichi-Startup戦略」を策定し、この戦略に沿って、スタートアップ・エコシステムの形成・充実に努めています。
 そうした取組の一環として、世界を代表するスタートアップ・エコシステム先進地の一つである米国・オースティン市において、成長の中心的役割を担ったテキサス大学オースティン校IC2研究所(以下「ICスクエア研究所」という。)と連携し、グローバルに活躍するスタートアップの創出・育成やスタートアップ支援機関の連携強化等を通じて、本県にスタートアップ・エコシステム形成・充実を図る「A2(Aichi-Austin)Innovation Kick-start Program(あいち・オースティン・イノベーション・キックスタート・プログラム)」を実施しています(平成31年2月25日発表済み)。
 このプログラムの一つとして、ICスクエア研究所から2名のスタッフが来県し、5月17日(金曜日)から5月19日(日曜日)まで、県内の研究者等を対象に、テクノロジーの事業化に向けたワークショップを開催します。
 つきましては、その参加者を募集いたしますので、御関心のある方は、是非御参加ください。

1 ワークショップの開催概要

○日 時
 平成31(2019)年5月17日(金曜日)から5月19日(日曜日)まで
 各日午前9時から午後6時頃まで
 ※原則、全日程の参加をお願いしておりますが、一部御都合が難しい場合、下記3問合先まで御相談ください。

○会 場
 有限責任監査法人トーマツ 名古屋事務所 セミナールーム(仮)
 (名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋37階 052-565-5511)

○講 師
 ・テキサス大学オースティン校ICスクエア研究所 ノーマン・カダーラン博士
 ・同 スティーブン・ニコル博士

○対 象 
 愛知県内の大学・研究機関・企業に所属していて、事業化に繋がる技術シーズを保有又は活用できる研究者・科学者・起業家 約20名

○内 容 
 講義・討議・ケーススタディを用いた、双方向のワークショップ。御参加いただくことで、以下を理解・習得いただけます。
 ・御自身がお持ちのテクノロジーを、どう事業化していくかというプロセス
 ・テクノロジーの事業化を阻む課題の解決方法と知財保護の進め方
 ・御自身又は潜在的な顧客のために、テクノロジーの価値を評価する方法
 ・技術を事業化するプロセスの中で、御自身が果たすべき役割
 ・顧客のニーズと現在のテクノロジーの差分を埋める洞察
 ・各大学・研究機関・企業がテクノロジーの事業化を進める上で必要な取組

〇言  語 
 英語(適宜通訳によるサポート有)

〇応募締切 
 平成31(2019)年5月10日(金曜日)午後6時

○申込方法 
 下記3問合先のメールアドレスに、以下のとおりメールを御送付ください。
 ・件名:ワークショップ参加希望(氏名)
 ・内容:(1)氏名、(2)所属、(3)役職(学生の場合、博士・修士課程の別)、(4)メール、(5)電話番号、(6)全日参加予定/一部参加できない日時

〇その他 
 詳細は、別添チラシをご参照ください。

2 「A2 Innovation Kick-start Program(あいち・オースティン・イノベーション・キックスタート・プログラム)」概要

 平成28年4月に本県と相互協力の覚書を締結した米国テキサス州に位置するテキサス大学オースティン校ICスクエア研究所と連携し、グローバルに活躍するスタートアップ企業の創出・育成やスタートアップ支援機関の連携強化等を通じたスタートアップ・エコシステム形成を図る。
プログラム概要
(1)分析・コンサルテーション(第1段階):ICスクエア研究所のスタッフが来県し、県内の公的機関、大学、スタートアップ、支援機関、投資家等(産学行政関係機関)との面談を実施
(2)基礎ワークショップ:産学行政関係機関と連携をテーマにディスカッションを実施(1回)
(3)分析・コンサルテーション(第2段階):(1)の面談結果を経て、地域の基本的な強み、弱み、競争優位性を分析し、スタートアップ・エコシステム形成に向けたロードマップを策定
(4)発展ワークショップ:産学行政関係機関と連携をテーマにディスカッションを実施(3回)
(5)先進エコシステム体験:県内産学行政関係機関がオースティン市を訪問、オースティン市の先進エコシステムを体験、現地支援機関とディスカッションを実施
(6)スタートアップ養成プログラム:グローバル展開を狙うスタートアップを募集・選定し、ICスクエア研究所スタッフによる6か月程度の育成プログラムを実施

 

3 問合先

 デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社(業務受託事業者)
 電話:080-4601-0568(大谷)、080-3465-5362(篠原)
 メール(申し込み先):a2_startup_program@tohmatsu.co.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)