ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 広報・広聴・情報公開 > 広報・広聴 > 平成24年度第3回県政世論調査にご協力ください

平成24年度第3回県政世論調査にご協力ください

平成24年10月31日(水曜日)発表

平成24年度第3回県政世論調査にご協力ください

 県民の生活に深い関わりを持つ県政の各分野について、県民の皆様の関心や意向、要望等を調査し、今後の県政施策推進の基礎資料とするもので、今年度は年3回実施します。

 今年度第3回目となる今回は、11月11日から無作為抽出により選出された愛知県内に居住する20歳以上の男女3,000人の方に調査票を郵送します。調査票が届いた方は11月30日までにご回答くださいますようご協力をお願いします。

 なお、今回の調査結果の公表につきましては、2月を予定しています。

◎調査項目

1 県民の生活意識及び広報広聴活動

 県民ニーズを総括的に把握することをねらいとして、県民の生活感覚や生活意識について意見を聞く。また、広報広聴活動に対する県民意識も併せて把握する。

2 防犯カメラに関する意識

 防犯カメラの設置が進む一方、プライバシー保護を求める声もあることから、県民の防犯カメラに対する意識を調査し、今後の施策の推進に活用する。

3 暴力団対策について

 暴力団排除条例の浸透状況、県民の暴力団排除意識の変遷及び現在取組中の案件に対する世論を把握することにより、今後の施策の推進を効果的に図る。

4 家庭・地域における教育の推進

 本県では、「あいちの教育に関するアクションプランⅡ」を策定し、その取組の視点として、「家庭・地域・学校それぞれの主体性ある取組と連携の強化」を掲げており、県民の意識、実態を把握し、今後の様々な取組につなげていく。

5 ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)について

 本県では、「あいち仕事と生活の調和行動計画」を策定し、その中の目標の1つとして「社会全体の意識改革」を掲げており、県民の意識を評価結果として様々な事業に取り組んでいく。

6 県から市町村への権限移譲について

 県民の「県から市町村への権限移譲」に対する意識、関心を把握し、今後の権限移譲の取組に活用する。

◎調査対象等

1 調査対象      愛知県内に居住する20歳以上の男女 3,000人

2 抽出・調査方法   層化二段無作為抽出法・郵送法

3 調査時期      平成24年11月11日(日)~11月30日(金)

◎調査関係課

調査関係課
 調査項目関係課 ・ 担当
1県民の生活意識及び広報広聴活動知事政策局広報広聴課 広聴グループ 担当 中野
内線2434   (ダイヤルイン)052-954-6168
2防犯カメラに関する意識県民生活部地域安全課 安全なまちづくりグループ 担当 竹本
内線2490   (ダイヤルイン)052-954-6176
3暴力団対策について警察本部総務部広報課 広報係 担当 磯崎
(警察本部代表)052-951-1611 内線2174
4家庭・地域における教育の推進教育委員会総務課教育企画室 教育企画グループ 担当 大参
内線3813   (ダイヤルイン)052-954-6827
5ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)について産業労働部労働福祉課 仕事と生活の調和推進グループ 担当 舩橋
内線3418   (ダイヤルイン)052-954-6360
6県から市町村への権限移譲について総務部市町村課市町村行政支援室 市町村行政支援グループ 担当 奥原
内線2238   (ダイヤルイン)052-954-6066

問合せ

愛知県 知事政策局 広報広聴課 広聴グループ
担当 清水、中野 内線2430、2434
(ダイヤルイン)052-954-6168