ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 広報・広聴・情報公開 > 広報・広聴 > 平成25年度第3回県政世論調査の結果について

平成25年度第3回県政世論調査の結果について

平成26年2月13日(木曜日)発表

 愛知県では、よりよい愛知を築くため様々な施策を展開しており、今後の県政運営の基礎資料とするため、県民の皆様に県民生活に関わりの深い県政の各分野の当面する様々な課題についてのご意見やご意向をアンケートによりお答えいただく「県政世論調査」を実施しています。今年度は3回実施しました。

 このほど今年度第3回目の調査結果がまとまりましたので、お知らせします。調査結果の概要については、下記のとおりです。

 なお、調査結果については、愛知県のホームページ(https://www.pref.aichi.jp/0000000110.html)及び各県民生活プラザで閲覧できます。

◎ 調査項目及び主な結果

1 県の広報広聴活動について

  県から得たい情報について、

  「防災対策情報」と答えた人が59.6%。

2 臓器提供について

  臓器提供に関して得たい情報について、

  「臓器提供の安全性についての情報」と答えた人が33.0%、

  「臓器提供に要する費用や手続に関する情報」と答えた人が31.4%。

3 治安に関する意識について

  地域の治安の変化について、ここ10年間で、

  “よくなったと思う”と答えた人が16.6%、

  “悪くなったと思う”と答えた人が56.6%。

4 車いす使用者用駐車施設について

  歩行を困難と感じていない人が車いす使用者用駐車施設を利用することについて、

  “悪いことだと思う”と答えた人が87.1%。

5 愛知県が民間事業者と結ぶ「契約」について

  価格の安さだけでなく、県が進める政策について、事業活動を通じて取り組む民間事業者を高く評価して契約する取組の推進について、

  “進めてほしい”と答えた人が65.7%。

調査結果の概要

◎ 調査対象及び回答者数等

1 調査対象    愛知県内に居住する20歳以上の男女 3,000人

2 抽出・調査方法 層化二段無作為抽出法・郵送法

3 調査期間    平成25年11月1日から11月20日まで

4 回答者数    1,501人(回収率 50.0%)

◎ 調査関係課

調査関係課
 調査項目関係課・担当
1県の広報広聴活動について知事政策局広報広聴課 
広聴グループ 担当 須原
内線2434 (ダイヤルイン)052-954-6169
2臓器提供について健康福祉部健康担当局医務国保課
医務・周産期・小児医療グループ 担当 大久保
内線3491 (ダイヤルイン)052-954-6323
3治安に関する意識について警察本部総務部広報課 
広報係 担当 礒崎
(警察本部代表)052-951-1611(内線 2174)
4車いす使用者用駐車施設について健康福祉部障害福祉課
企画・調整グループ 担当 奥山
内線3240 (ダイヤルイン)052-954-6294
5愛知県が民間事業者と結ぶ「契約」について会計局管理課
企画調整・広報グループ 担当 上原
内線2905 (ダイヤルイン)052-954-6653

問合せ

愛知県 知事政策局 広報広聴課 広聴グループ
担当 清水、須原 内線2434、2430
(ダイヤルイン)052-954-6169

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)