ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 広報・広聴・情報公開 > 広報・広聴 > 平成26年度第2回県政世論調査の結果について

平成26年度第2回県政世論調査の結果について

平成26年10月31日(金曜日)発表

 愛知県では、よりよい愛知を築くため様々な施策を展開しており、今後の県政運営の基礎資料とするため、県民の皆様に県政に対するご意見やご意向をアンケートによりお答えいただく「県政世論調査」を実施しています。今年度は、3回実施します。

 このほど、今年度第2回目の調査結果がまとまりましたので、お知らせします。

 なお、調査結果の詳細は、愛知県のホームページ(https://www.pref.aichi.jp/0000000110.html)及び各県民生活プラザで閲覧できます。

◎ 調査項目及び主な結果

1  道路整備について

  日常的に使う道路の整備や改良について、
  “できている”と答えた人が67.4%、
  “できていない”と答えた人が31.6%。

2  観光振興について

  県外の友人等に愛知県のお勧めできるところについて、
  「動物園、水族館」と答えた人が42.6%、
  「愛知の食文化(なごやめしを始めとするご当地グルメや郷土料理)、特産品」と答えた人が42.0%。

3   燃料電池自動車について

   次世代自動車について、知っているものは、
  「燃料電池自動車(FCV)」と答えた人が56.8%。

4  特定健康診査(いわゆるメタボ健診)・特定保健指導について

  特定健康審査結果から健康のために取り組んだことについて、
  「健診データの数値を意識するようになった」と答えた人が48.9%、
  「食事の量や内容などを意識するようになった」と答えた人が44.9%。

5  県営住宅の役割について

  県営住宅のイメージについて、
  「住宅に困窮する方のための住宅として役に立っている」と答えた人が31.9%。

◎ 調査対象及び回答者数等

1 調査対象    愛知県内に居住する20歳以上の男女 3,000人

2 抽出・調査方法 層化二段無作為抽出法・郵送法

3 調査期間    平成26年9月1日から9月20日まで

4 回答者数    1,551人(回収率 51.7%)

◎ 調査関係課

調査関係課
 調査項目関係課・担当
1道路整備について建設部道路維持課 
施設整備グループ 担当 野本
内線2694 (ダイヤルイン)052-954-6540
2観光振興について産業労働部観光コンベンション課
企画・指導グループ 担当 朝岡
内線3371 (ダイヤルイン)052-954-6354
3燃料電池自動車について産業労働部産業科学技術課
技術振興第一グループ 担当 宇野
内線3386 (ダイヤルイン)052-954-6350
4特定健康診査(いわゆるメタボ健診)・特定保健指導について健康福祉部保健医療局健康対策課
生活習慣病対策グループ 担当 小田
内線3159 (ダイヤルイン)052-954-6271
5県営住宅の役割について

建設部建築局公営住宅課
計画・指導グループ 担当 奥山
内線2794 (ダイヤルイン)052-954-6573

問合せ

愛知県知事政策局 広報広聴課広報・広聴グループ
担当 河合、坂柳 
内線 2431、2430
(ダイヤルイン)052-954-6169

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)