ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > 県政情報 > 広報・広聴・情報公開 > 広報・広聴 > 2021年度第2回県政世論調査を実施します

本文

2021年度第2回県政世論調査を実施します

ページID:0364918 掲載日:2021年10月29日更新 印刷ページ表示
2021年10月29日(金曜日)発表

2021年度第2回県政世論調査を実施します

 愛知県では、より良い愛知を目指して様々な施策を展開していますが、今後の県政運営の基礎資料とするため、県民の皆様に県政に対する御意見や御意向をアンケートによりお答えいただく「県政世論調査」を年2回実施しています。

 本調査は、各回とも、無作為抽出により選出された愛知県内に居住する18歳以上の県民3,000人の方を対象に、調査票をお送りして実施します。

 今年度第2回となる調査を、11月1日(月曜日)から実施しますので、対象となられた方は、是非とも調査への御協力をよろしくお願いします。

 なお、今回の調査結果の公表は、2022年1月を予定しています。(今までの調査結果はこちら

◎ 調査項目

 

  以下の内容について伺い、今後の施策の推進に活用させていただきます。

  1. 県の広報活動について

    県の広報活動の認知状況等について

  2. 県民の幸福感に関する意識について

    県民の幸福感等について

  3. 「エシカル消費」について

    「エシカル消費」の認知度等について

  4. 多文化共生について

    「多文化共生社会」の認知度等について

  5. 県民の治安に関する意識について

    愛知県は安全・安心な県だという認識等について

  6. 県立病院について

    専門的な治療を行う病院を選ぶ際に重視する点等について

  7. ドメスティック・バイオレンス(DV)について

    DVの認知状況等について

 

◎ 調査対象等

  1. 調査対象  愛知県内に居住する18歳以上の県民3,000人
  2. 抽出・調査方法 層化二段無作為抽出法・郵送法(別紙 [PDFファイル/142KB]
  3. 調査時期 2021年11月1日(月曜日)から11月20日(土曜日)まで

◎ 問合せ先

問合せ先

 

調査項目

関係課・担当

連絡先

1

県の広報活動について

政策企画局広報広聴課

広報・広聴グループ        

担当 柴田(しばた)、青木(あおき)

内 線 2430、2434

ダイヤルイン 052-954-6169

2

県民の幸福感に関する意識について

政策企画局企画課

企画第一グループ

担当 佐藤(さとう)、伊藤(いとう)

内 線 2592、2591

ダイヤルイン 052-954-6088

3

「エシカル消費」について

県民文化局県民生活課

消費生活相談・消費者教育グループ

担当 寺澤(てらざわ)、木村(きむら)

内 線 5035、5036

ダイヤルイン 052-954-6603

4

多文化共生について

県民文化局社会活動推進課多文化共生推進室

多文化共生推進グループ

担当 舘洞(たてほら)、鈴木(すずき)

内 線 2396、2397

ダイヤルイン 052-954-6138

5

県民の治安に関する意識について

愛知県警察本部

警務部警務課総合企画室

企画第一係

担当 政尾(まさお)、山本(やまもと)

警察本部代表 052-951-1611

内 線 2622、2637

6

県立病院について

病院事業庁管理課

総務グループ

担当 船津(ふなつ)、牧(まき)

内 線 5154、5153

ダイヤルイン 052-954-6306

7

ドメスティック・バイオレンス(DV)について

福祉局児童家庭課

家庭福祉グループ

担当 福島(ふくしま)、山下(やました)

内 線 3200、3927

ダイヤルイン 052-954-6280

調査全体に関することについて

政策企画局広報広聴課

広報・広聴グループ

担当 柴田(しばた)、青木(あおき)

内線 2430、2434

ダイヤルイン 052-954-6169

◎ 調査委託機関

   社会福祉法人AJU自立の家 わだちコンピュータハウス

    〒466-0025 名古屋市昭和区下構町1-3-3

    電話:052-841-9888 〔担当 梶川・小林〕

 

問合せ

愛知県政策企画局広報広聴課広報・広聴グループ
担当 柴田、青木
内線 2430、2434
電話  052-954-6169(ダイヤルイン)
FAX  052-961-4016
メール  koho@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)