ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 国民健康保険課 > 令和3年度医歯薬連携による糖尿病重症化予防モデル事業

令和3年度医歯薬連携による糖尿病重症化予防モデル事業

 

本事業の目的について

 歯周病は糖尿病の合併症の1つであり、また、糖尿病は歯周病の2大危険因子の1つであることが知られています。両者は密接に関連しており、歯周病をコントロールすることで、糖尿病のコントロール状態が改善する可能性が示唆されています。

 以上のことから、医・歯・薬が連携し、糖尿病患者の歯周病リスクを低減することは、糖尿病重症化予防の観点から重要です。そこで、愛知県では、昨年度国保加入者を対象として、医歯薬連携による糖尿病重症化予防のためのプログラムを開発しました。

 今年度は、昨年度開発したプログラムの試行を複数地域において行うことで、その有用性を検証し、これらを踏まえてプログラムを改良の上、本県での幅広い展開を図ることを目的としています。

 

医歯薬連携プログラムの試行について

 令和3年度は、モデル地域(愛知県内の6地域)において当該プログラムを試行します。試行を通じて有用性を検証することで、医歯薬連携プログラムのさらなる改良につなげます。

◆モデル事業実施地域について

  以下地域の一部の医科クリニック、歯科クリニック、保険薬局にてプログラムの試行を実施します(各市から15機関程度、全90~100機関程度が参加予定)。

   名古屋市港区・豊橋市・碧南市・小牧市・東海市・清須市

◆モデル事業実施期間について

  2021年9月~11月(予定)

◆医歯薬連携プログラムの内容について

 モデル事業では、医科クリニックまたは歯科クリニックを受診された患者様や、保険薬局に糖尿病のお薬の処方箋を持参された患者様のうち、歯周病または糖尿病リスクが高いと判断された患者様に対して、糖尿病と歯周病の関係性を解説したリーフレットをお渡しし、情報提供を行います。

 さらに、医師または歯科医師の判断により、歯科クリニックまたは医科クリニックへ受診勧奨が必要と判断される患者様には、診療情報提供書または糖尿病連携手帳を活用して医科歯科間の連携を図ります。

 

糖尿病と歯周病の関係性についての情報提供

 本事業の一環として、糖尿病と歯周病の関係性についてのリーフレット及びポスターを作成しました。ぜひご活用ください。

 (1) リーフレット

   リーフレット

  ・リーフレット [PDFファイル/713KB]

 

 (2) ポスター

  (縦) 

  ポスター縦    

  ・ポスター(縦) web用 [PDFファイル/619KB]  

  ・ポスター(縦) 高解像度 [PDFファイル/1.04MB]   

 

  (横・モニター等掲示用)

  ポスター横    

 ・ポスター(横・モニター等掲示用) [画像ファイル/1.11MB] 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)