ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > パスポート・国際化 > 国際交流 > G20愛知・名古屋外務大臣会合「高校生交流事業」地元高校生から各国外務大臣等へ提言を行います!

G20愛知・名古屋外務大臣会合「高校生交流事業」地元高校生から各国外務大臣等へ提言を行います!

 11月に開催される「G20愛知・名古屋外務大臣会合」の公式行事の一つとして、県内の高校生から会合に参加している各国外務大臣等に対して提言を行うこととなりました。

 これについて、下記のとおり県内高校生によるグループワークを開催し、提言策定に向けた準備を進めますのでお知らせします。

1 高校生交流事業概要

 会合の議場において、地元高校生が会合の議題に沿うテーマで提言(英語で10分程度)を行うものです。各関係閣僚会合の公式行事の一つとして、全ての関係閣僚会合(8会合)で実施されることとなっています。

2 第1回グループワーク開催概要

(1)日時

   2019年8月5日(月曜日) 午後3時から午後5時まで

(2)場所

   名古屋都市センター14階「第1会議室」

   (名古屋市中区金山町一丁目1番1号 金山南ビル内)

(3)内容

   提言策定に向けた検討

(4)参加者

   県内高等学校4校12名(各校3名ずつ)

    愛知県立時習館高等学校、名古屋大学教育学部附属高等学校、

    中部大学春日丘高等学校、名古屋市立名東高等学校

(5)その他

   第2回以降のグループワークは検討の進捗状況により適宜開催

3 取材に係る留意事項

  • 提言書のテーマや内容については、「G20愛知・名古屋外務大臣会合」において、実際に提言が行われるまで報道を控えてください。

  G20愛知・名古屋外務大臣会合の概要

  1. 開催時期 2019年11月22日(金曜日)、23日(土曜日・祝日)
  2. 会合会場 名古屋観光ホテル(名古屋市中区)
  3. 参加国数 計30程度の国・地域等

参加高校の選定理由

 当交流事業の趣旨に沿った学習活動を行っている点を重視し、県内でスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されている高校3校及び積極的に国際理解教育を推進している名古屋市立高校1校の計4校を選定。

【提言実施校4校の内訳】

 SGH校

  • 愛知県立時習館高等学校
  • 名古屋大学教育学部附属高等学校
  • 中部大学春日丘高等学校

 積極的に国際理解教育を推進している名古屋市立校

  • 名古屋市立名東高等学校

スーパーグローバルハイスクール

 国際的に活躍できる人材育成を重点的に行う高等学校を文部科学省が指定する制度。語学力だけでなく、社会の課題に対する関心や教養、コミュニケーション能力、問題解決能力などを身に付けたグローバル・リーダーの育成を目指す。

名東高校における取組の概要

 創立以来、国際理解教育を積極的に推進。県内公立高校で初めて英語科を設置。ロサンゼルス市から現職教員を招聘しているほか、海外語学研修や、留学生や訪問団・修学旅行生の受入などを実施。