ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 国際課 > 愛知県酒造組合の知事表敬訪問について

愛知県酒造組合の知事表敬訪問について

愛知県酒造組合(※1)会長の杉本多起哉(すぎもとたきや)氏が、G20愛知・名古屋外務大臣会合における県産の國酒(こくしゅ)(※2)である日本酒、本格焼酎(※3)による乾杯について要望するため、下記のとおり知事を訪問されますので、お知らせします。

1 日時

平成31年2月25日(月曜日) 午後4時40分から午後4時55分まで

2 場所

愛知県公館

3 来訪者

愛知県酒造組合
 会長     杉本 多起哉(すぎもと たきや) 氏
 副会長    角谷 利夫(すみや としお) 氏
 副会長    関谷 健(せきや たけし) 氏
 事務局長  纐纈 繁延(こうけつ しげのぶ) 氏

4 要望の概要

・G20愛知・名古屋外務大臣会合開催時のレセプション等における乾杯について、県産の國酒である日本酒、本格焼酎を使用するよう要望されるものです。
・同様の要望活用が、2019年G20サミット及び関係閣僚会合各開催地において、日本酒造組合中央会及び各道府県酒造組合の連名にて同時期に実施されます。

5 次第

(1)要望書手交
(2)要望主旨説明
(3)知事挨拶

≪参考≫

※1 愛知県酒造組合の概要

愛知県酒造組合の概要

名  称

  愛知県酒造組合
所 在 地  名古屋市中村区竹橋町5番5号
会  長  杉本 多起哉 (神杉酒造(株) 代表取締役社長)
沿  革

昭和18年4月 「愛知県酒造組合連合会」として発足

平成20年4月 「愛知県酒造組合」に名称変更

事  業  酒造業団体
組合員数  44 (平成31年2月現在)
活動内容

〇日本酒造組合中央会の事業計画に即応して、伝統的な日本の食

 文化に合わせて日本酒の持つ文化性、機能性、多様性を訴求し、

 消費者の認識が得られるように努める。

〇日本酒の商品特性等、正しい情報の普及に努める。

〇各イベントを活用し、日本酒の楽しさを周知し需要振興に努める。

※2 國酒(こくしゅ)について

 日本酒造組合中央会では、日本酒及び本格焼酎(泡盛含む)等を國酒としている。

※3 本格焼酎について

日本酒造組合中央会では、焼酎の中でも、自然の原料を使い、昔ながらの製法で作られている単式蒸留による焼酎を本格焼酎としている。