ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 国際課 > 愛知のものづくりを支える留学生受入事業

愛知のものづくりを支える留学生受入事業

愛知のものづくりを支える留学生受入事業

県内の大学からの推薦を受けて、大学院レベルの留学生をアジア諸国から毎年5名受け入れ、学費等の奨学金を支給することにより、卒業後の県内企業への就職を目指します。

1 事業概要

(1)受入人数 5名/年

(2)受入期間 2年6か月(研究生6か月、大学院修士課程2年)

(3)支給内容 滞在費(月額150,000円)、渡日旅費、研究生・大学院の授業料・入学料・検定料

(4)主な資格・条件


ア 国籍等 次に示すアジア諸国の国籍を有し、申請時において居住していること。インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、韓国、中国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス、台湾

イ 年齢 来日する年度の4月1日現在で満35歳未満であること。

ウ 学力 大学を卒業したか、それと同等以上の学力があると認められること。

エ 専攻分野 愛知県のものづくり産業を支えると認められる分野を専攻すること。

オ 日本語能力 学業及び就職活動上、十分な日本語能力を有すること、又はその見込みがあると認められること。

カ 就職の意思 卒業後、愛知県に本社または支社がある企業(勤務地は日本国内外を問わない。)へ就職することを目指して努力する意思があること。

キ インターンシップへの参加 在学中に、愛知県が紹介する企業等において実施されるインターンシップに参加すること。

ク 留学先 愛知県内の大学院を留学先とすること。

ケ 推薦 知事の指定する機関(大学院を設置する県内の大学)の推薦を受けていること。


(5)選考 愛知のものづくりを支える留学生選考委員会の議を経て、知事が決定する。

(6)応募方法 留学希望先の大学窓口へお申し込みください。

※詳しい募集内容は、次の募集要領をご覧ください。

「平成31年度愛知のものづくりを支える留学生募集要領」 [PDFファイル/236KB]

※卒業生のインタビュー記事です。参考までにご覧ください。

愛知のものづくりを支える留学生の卒業生インタビュー [PDFファイル/121KB]

2 スケジュール

スケジュール目安
初年度)3月~5月募集
初年度)6月~7月選考、採否結果通知
初年度)10月来日、オリエンテーション、研究生として大学院入学
2年度目)4月大学院修士課程へ進学(修士課程入学試験に合格しなかった場合は帰国)
2年度目)8月~9月インターンシップに参加
3年度目)4月県内関係企業へ就職(県内に本社または支社を置く企業)

その他、年4回、県庁にて定例ミーティングを開催します。

また、留学生の皆さんが日本企業への理解を深め、就職への意思を高めてもらうことができるよう、県内のものづくり企業の現場見学なども実施します。

3 受入実績

これまでの受入実績(国籍別)
国籍/受入年度201320142015201620172018
インドネシア21222 
ベトナム424432
中国22   1
インド12421 
台湾1     
バングラデシュ 1  22
フィリピン 1    
韓国 1  1 
マレーシア   21 
10101010105

4 OB・OGの方々へ

愛知県では、皆さんが帰国された後も、引き続き愛知県との絆を保ち、貴国との架け橋としてご活躍いただくことを大いに期待しています。連絡先の変更や皆さんの近況についてぜひ国際課メールアドレス(kokusai@pref.aich.lg.jp)までお知らせください。ご連絡お待ちしています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)