ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 高齢福祉課 > 令和2年度認定調査員研修(新任研修)について

令和2年度認定調査員研修(新任研修)について

令和2年度認定調査員研修(新任研修)

新規に認定調査に従事するためには、都道府県又は指定都市が実施する認定調査員新任研修の受講が必要です。

 

1 日時

【第1回、第2回】

令和2年4月に終了。

【第3回、第4回】

令和2年6月~7月中旬に終了。

【第5回】

令和2年10月下旬に終了。

【第6回】

今般の新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、会場での講義形式の研修を取りやめ、「厚生労働省認定調査員向けeラーニングシステム」の動画教材・問題集等及び県作成資料・演習シートを活用した形式で令和3年1月に実施。

※受講申し込みは終了しています。

 

※研修内容は各回とも同じです。
※令和3年度については、日程は決まっておりませんが、初回は4月中に実施する予定です。

2 対象者

(1)次回研修までに新たに認定調査に従事する市町村等職員

(2)次回研修までに新たに保険者等から委託を受け、認定調査員として調査に従事する指定市町村事務受託法人指定居宅介護支援事業者地域密着型介護老人福祉施設介護保険施設及び地域包括支援センター介護支援専門員で介護支援専門員資格が有効である者(有効期間が切れている方は受講できません。)

(3)次回研修までに新たに指定市町村事務受託法人で認定調査員として従事する予定の者で介護保険法施行規則第113条の2第一号又は第二号(※)に規定される者であって、介護に係る実務の経験が5年以上である者

※今後も指定市町村事務受託法人における認定調査は介護支援専門員が行うことを基本とし、この要件に該当する者による認定調査は補完的に可能であるものであることに御留意の上、申込してください。

(4)介護認定審査会事務局職員

  ※第1~6回までの研修では受講の対象外とします。

 

3 受講申し込み

各保険者において申し込みを受けておりますので、受講を希望される方は各保険者へ御連絡ください。

県では直接申し込みは受け付けません。

4 その他

(1)研修修了者には修了証を交付します。

(2)平成17年度以降に愛知県の認定調査員新任研修を受講し修了証の交付を受けた方で、当該研修修了証を亡失又は毀損したとき並びに記載事項に変更(改姓など)が生じたときは、愛知県介護保険認定調査員研修修了証書換・再交付願(第2号様式)により、再交付の申請をしてください。

 ※当該研修修了証は、平成17年度以降に愛知県の認定調査員新任研修を受講した方に交付しております。平成17年度より前に受講した方については、修了証の交付はしておりませんので御承知ください。

再交付に必要な提出書類

   簡易書留で送付しますので、封筒(定型)に住所、氏名を記載し、404円分(切手代84円+簡易書留郵便代320円)の切手を貼ってください。

  • (※記載事項変更の場合)その内容を確認できる公的書類等の写し(例:マイナンバーカード、運転免許証、戸籍謄本等)
  • (※毀損又は記載事項変更の場合)毀損又は変更前の愛知県介護保険認定調査員研修修了証
提出先

   〒460-8501(住所記載不要)

   愛知県福祉局高齢福祉課

   介護保険企画・審査グループ