ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 社会基盤・交通 > 公共交通 > 2019年度放置自転車クリーンキャンペーン及びクリーンデーの実施について

2019年度放置自転車クリーンキャンペーン及びクリーンデーの実施について

2019年度放置自転車クリーンキャンペーン及びクリーンデーの実施について

 自転車は、買物や通勤・通学などの日常生活における身近な移動手段として幅広く利用されています。一方、県内の駅周辺等には、約1万3千台の放置自転車があり、歩行者の通行の妨げになるばかりでなく、防災や都市景観などの面からも社会問題となっています。

 このため、愛知県では、毎年11月を「放置自転車クリーンキャンペーン」実施月間とし、「放置ゼロ キレイな街で おもてなし」を標語に、県内各地で啓発活動などを実施しています。

 今年度も、このキャンペーンの効果をより高めるため、11月1日(金曜日)を「放置自転車クリーンデー」とし、下記のとおり愛知県内各地で一斉に放置自転車の撤去や啓発活動等を実施しますので、お知らせします。

 なお、クリーンキャンペーンは1986年度から毎年行っており、今年度で34回目となります。

 

1 実施日

2019年11月1日(金曜日)

2 実施方法

 駅周辺等において、市町村、警察、鉄道事業者及び地元団体等の協力を得て、放置自転車の撤去・整理、利用者に対する啓発活動を県内各地で一斉に実施します。

3 実施内容

(1)概要

 クリーンデー活動実施箇所の総数 県内 99か所

○ 内訳

 ・ 駅周辺の放置自転車の撤去 45か所
 ・ 自転車等駐車場内の長期放置自転車の撤去 26か所
 ・ 駅周辺の放置自転車の整理 72か所
 ・ 利用者への啓発活動、街頭指導 21か所

※ 複数の活動を実施する箇所があるため、総数と内訳の合計は一致しない。
 
(2)駅別の実施計画
  「2019年度 放置自転車クリーンデー実施計画一覧 [PDFファイル/80KB]」のとおり。
  (詳細は各市町村放置自転車対策担当課までお問合せください。)

  なお、放置自転車クリーンキャンペーンについては「2019年度 放置自転車クリーンキャンペーン実施要領 [PDFファイル/54KB]」のとおり。
 

参考指標(県内分)

  自転車等総駐車台数:251,898台 (県交通対策課 平成30年度実態調査結果。以下同じ)

  自転車等駐車場利用台数:239,389台
 
  自転車等放置台数:12,509台 

  自転車等放置駅数:100駅
 
  自転車等駐車場数:1,429箇所

  自転車等収容能力:357,054台 

 平成30年度実態調査結果

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)