ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 交通対策課 > 「エコ モビリティ ライフ 県民の集い2019」の参加者を募集します!

「エコ モビリティ ライフ 県民の集い2019」の参加者を募集します!

「エコ モビリティ ライフ 県民の集い2019」の参加者を募集します!

 愛知県では、クルマ(自家用車)と公共交通、自転車、徒歩などをかしこく使い分けるライフスタイル「エコ モビリティ ライフ」(エコモビ)の推進に取り組んでいます。
 この度、環境にやさしい交通行動「エコモビ」の魅力や取組について御紹介するとともに、実践を呼び掛ける「エコ モビリティ ライフ 県民の集い2019」を下記のとおり開催しますので、その参加者を募集します(参加無料、事前申込制)。
 当日は、「エコモビ推進表彰」の表彰式や受彰団体による取組発表、鉄道写真家 中井 精也(なかい せいや)氏による講演を行います。
 また、参加者全員に「エコモビ」オリジナルグッズをプレゼントします。
 皆様の御参加をお待ちしています。

1 「エコ モビリティ ライフ 県民の集い2019」の概要

(1)日時

  2019年11月6日(水曜日)
  午後1時30分から午後3時30分まで(開場:午後1時)

(2)場所

  愛知芸術文化センター12階 アートスペースA (愛知県名古屋市東区東桜一丁目13番2号)

  ※ 会場へのアクセス方法(芸術文化センターのWebサイトにリンクします)

(3)プログラム

  ア 開会 午後1時30分

    挨拶:愛知県知事 大村 秀章(予定)

  イ 2019年度「エコモビ推進表彰」表彰式 午後1時35分

 
受彰団体取組・活動の概要

菱野(ひしの)団地コミュニティ交通運行協議会

(瀬戸市)

[菱野(ひしの)団地『住民バス』]

 地域のボランティア運転手が、子供たちのデザインした車両を運行し、瀬戸市の菱野団地内の既存交通への乗り継ぎ、買い物や通院などの移動手段の確保や新たなコミュニティの場の形成を通して、公共交通の利用促進に貢献。

CHITA CATプロジェクト

(常滑市)

[セントレア×イオンモール常滑×知多半島
 バス・自転車を活用した魅力あるまちづくり]

 セントレアとイオンモール常滑を結ぶ「無料シャトルバス」を運行し、空港周辺の交通渋滞を緩和。車両の一部に燃料電池バスを導入し、環境にやさしい移動手段の確保に貢献。
 また、知多半島内をサイクリング等で楽しめる「おもてなしツアー」を展開するなど自転車利用を推進。

公共交通応援隊キッズイベントグループ

(長久手市)

[みんなで育む公共交通]

 子供たちに楽しみながらリニモやコミュニティバス(N-バス)に親しみを持ってもらうため、長久手市民が主体となって各交通事業者と協力して、乗車体験などのイベントを企画、実施し、公共交通の利用促進に貢献。

※ 「エコモビ推進表彰」は、「あいちエコモビリティライフ推進協議会」(会長:愛知県知事)が2012年度から実施しています。今年度は3件の応募があり、学識経験者等で構成する選考委員会(委員長:伊豆原 浩二(いずはら こうじ) 特定非営利活動法人ひと育て・モノづくり・まちづくり達人ネットワーク理事長)で選考を行い、応募のあった3団体すべてを受彰団体として決定しました。
表彰式では、大村 秀章愛知県知事(予定)から、受彰団体の方々に表彰状と楯を贈呈します。

  ウ 受彰団体による取組発表 午後1時50分

  エ 講演 午後2時30分から午後3時30分まで

講演テーマ:「鉄道で行こう!」

講師:鉄道写真家 中井 精也(なかい せいや)氏

<プロフィール>

 1967年、東京生まれ。鉄道の車両だけにこだわらず、鉄道にかかわるすべてのものを被写体として独自の視点で鉄道を撮影し、「1日1鉄!」や「ゆる鉄」など新しい鉄道写真のジャンルを生み出した。2004年春から毎日1枚必ず鉄道写真を撮影するブログ「1日1鉄!」を継続中。広告、雑誌写真の撮影のほか、講演やテレビ出演など幅広く活動している。株式会社フォート・ナカイ代表。2015年、講談社出版文化賞・写真賞、日本写真協会賞新人賞受賞。著書・写真集に「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書」「DREAM TRAIN」(インプレス・ジャパン)などがある。2018年5月、東京都荒川区に鉄道写真ギャラリー&ショップ「ゆる鉄画廊」をオープンした。甘党。TVレギュラー「中井精也のてつたび」/NHK BSプレミアムなど。

(4)主催

  愛知県・あいちエコモビリティライフ推進協議会

(5)参加費

  無料(どなたでも参加できますが、事前の申込みが必要です。)

(6)その他

  ・参加者全員に「エコモビ」オリジナルグッズをプレゼントします。
   エコモビオリジナルグッズ画像

  ・「AELネット環境学習スタンプラリー」の対象講座になっています。
   ※ スタンプラリーについては、Webページ「エコリンクあいち」を御覧ください。

2 参加申込みについて

 

(1)申込み期間

  2019年9月25日(水曜日)から10月30日(水曜日)まで(必着)

  ※ 定員になり次第締め切らせていただきます。
     参加証は発行しませんので、直接会場までお越しください。

(2)募集人数

  160名(申込先着順)

  ※ 定員を超えて、御参加いただけない場合は事前に御連絡します。

(3)申込み方法

  ア はがき、FAXでのお申込み

   ・次の6点を明記し、申込先へ送付してください。
    1 「県民の集い 参加希望」
    2 代表者氏名
    3 郵便番号、住所
    4 連絡先(電話・FAX番号、E-mailアドレス)
    5 参加人数
    6 このイベントを知ったきっかけ

   ・申込先
    (はがきによる申込みの場合)
     〒460-8501(住所記載不要)
     愛知県 都市整備局 交通対策課 エコモビリティライフ推進グループ

    (FAXによる申込みの場合)
     FAX番号 052ー961-3248
     ※ 申込みにはチラシの裏面を御利用いただくこともできます。

     「エコ モビリティ ライフ 県民の集い2019」参加者募集チラシ [PDFファイル/2.59MB]

  イ スマートフォン、パソコンからのお申込み

   「愛知県 電子申請・届出システム」(申込専用フォーム)からお申し込みください。
   (手続き名「県民の集い」で検索してください。)
   なお、Webサイト「知って得するエコモビ実践ガイド」からも「愛知県 電子申請・届出システム」にアクセスできます。

3 「エコ モビリティ ライフ」について

○ 「エコ モビリティ ライフ」(エコモビ)とは、エコロジー(環境)の「エコ」、移動を表す「モビリティ」、生活の「ライフ」をつなげた造語であり、クルマ(自家用車)と公共交通、自転車、徒歩などをかしこく使い分けるライフスタイルです。

○ 県民一人ひとりが、「エコモビ」を実践することにより、環境にやさしいだけでなく、安全で健康的な県民生活や、機能的で活力あるまちづくりの実現が期待できます。

○ 行政・事業者・各種団体・NPOなど幅広い分野の関係主体による「あいちエコモビリティライフ推進協議会」(会長:愛知県知事)を中心に、「エコモビ」の普及啓発やエコ通勤・エコ通学への転換促進、パーク&ライドの普及拡大、公共交通機関利用の動機付けなどに取り組んでいます(2019年9月12日現在の構成員数270団体・名)。

 ※ 詳しくは、Webサイト「知って得するエコモビ実践ガイド」を御覧ください。 

問合せ先

愛知県 都市整備局 交通対策課
エコモビリティライフ推進グループ
ダイヤルイン 052-954-6125 
FAX 052-961-3248
E-mail kotsu@pref.aichi.lg.jp
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)