ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 航空空港課 > あいち航空ミュージアムにおいて特別企画展「日本の翼 YS-11展」を開催します

あいち航空ミュージアムにおいて特別企画展「日本の翼 YS-11展」を開催します

 あいち航空ミュージアムでは、1962年に名古屋空港で初飛行した戦後初の国産旅客機YS-11について、日本の航空史において果たした役割や開発の秘話、その性能などをパネル展示や映像で紹介する「日本の翼 YS-11展」を以下のとおり開催します。
 また、この特別企画展の開催に合わせて、YS-11に関するスペシャルトークショーや、YS-11パイロットシミュレーター体験で最高評価(五つ星)を獲得した方に特製ウィングマーク(バッジ)をプレゼントする「YS-11シミュレーター“五つ星”チャレンジ」を開催します。
 御家族、御友人もお誘い合わせの上、是非お越しください。

1 特別企画展「過去から未来へ語り継ぎたい飛行機の物語『日本の翼 YS-11展』~半世紀以上飛び続ける、国産プロペラ機~」

・開催期間
 2020年1月11日(土曜日)~4月13日(月曜日)
・開催場所 
 1階実機展示エリア 展示機YS-11付近

(1)パネル展示「出来事と人にかかわるエピソード15」、「技術と性能にかかわるエピソード15」

 YS-11の誕生から引退までの秘話や、活躍した「5人のサムライ」の物語、さらにはYS-11の性能や豆知識などの15のエピソードについて、写真やイラストを使った大型グラフィックパネルで分かりやすく紹介します。
パネル
大型グラフィックパネル

(2)映像上映「日本の翼YS-11」、「機械遺産としてのYS-11」

 YS-11の歴史や技術・性能を、この特別企画展のために新たに撮り下ろした映像で紹介します。開館時間中に、「日本の翼 YS-11(約10分)」、「機械遺産としてのYS-11(約13分)」を交互に上映します。

(3)YS-11関連資料特別公開

 YS-11の製造会社が所有していた図面やフライトマニュアルに加え、関係者から特別にお借りしたYS-11のLP盤レコードや初フライト記念贈答品など、貴重なコレクション約20点を公開します。
関連資料特別公開
YS-11関連資料

(4)完全再現!デジタル図鑑

 パソコンを設置し、CGで再現されたYS-11をあらゆる角度から鑑賞いただけるほか、各部の解説を検索したり、操作してプロペラやハッチを動かしたりすることができます。
デジタル図鑑
デジタル図鑑

2 YS-11スペシャルトークショー

 あいち航空ミュージアム館長鈴木真二(すずき しんじ)と特別にお招きしたスペシャルゲストが、YS-11が日本の航空機開発に与えた影響や、当時の知られざる出来事などについて語ります。
・開催場所
 1階フライングボックス前ステージ
・定員
 先着40名様分の座席を御用意(立ち見も可)

(1)「YS-11から三菱スペースジェットへ(仮題)」

・開催日時 
 2020年1月18日(土曜日) 午後1時30分~午後2時30分
・ゲスト 
 三菱航空機株式会社(執行役員/業務部長)  桝谷 啓介(ますたに けいすけ)氏

(2)「YS-11とオリンピック(仮題)」

・開催日時 
 2020年3月22日(日曜日) 午後1時30分~午後2時30分
・ゲスト
 『1964東京五輪聖火空輸作戦』著者 夫馬 信一(ふま しんいち)氏


・鈴木 真二氏(あいち航空ミュージアム館長)
 1953年岐阜県生まれ。1979年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。豊田中央研究所を経て、東京大学助教授の後、大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授へ。 2019年から東京大学未来ビジョン研究センター特任教授並びに名誉教授を務める。

・桝谷 啓介氏
 2016年4月から三菱航空機株式会社の経営企画室長、2018年3月から三菱航空機株式会社の業務部長として、業務管理、ガバナンス、コンプライアンス、リスク管理、秘書業務、総務、規制監督、標準システムの管理及び株主対応を統括。2019年4月より、現職としてコーポレートに関して社長補佐を担う。また、三菱航空機株式会社の親会社である三菱重工業株式会社(MHI)との様々な調整を担当する。

・夫馬 信一氏
 1959年東京生まれ。1983年中央大学卒業。航空貨物の輸出業、物流関連の業界紙記者、コピーライターなどを経て、現在は書籍や雑誌の編集・著述業。主な著書に『歴史の足跡をたどる日本遺構の旅』(昭文社)、『幻の東京五輪・万博1940』『航空から見た戦後昭和史』(以上、原書房)など。

3 YS-11シミュレーター“五つ星”チャレンジ

 YS-11特別企画展の開催を記念し、あいち航空ミュージアムの人気プログラム「YS-11パイロットシミュレーター体験」で最高評価(五つ星)を獲得した方に、認定証及びミュージアム特製ウィングマーク(バッジ)をプレゼントします。
・開催期間 
 2020年1月15日(水曜日)~4月13日(月曜日)のうち平日のみ
・開催時間
 第1回:午前10時~
 第2回:午前10時30分~
 第3回:午前11時~
 第4回:午前11時30分~
 第5回:正午~
 第6回:午後2時~
 第7回:午後2時30分~
 第8回:午後3時~
 第9回:午後3時30分~
 第10回:午後4時~
 第11回:午後4時30分~
・体験時間 
 各回20分
・開催場所 
 1階職業体験パイロットエリア
・受付方法 
 2階受付窓口でお申し込みください。
・定員 
 各回5名
・対象 
 どなたでも御参加いただけます。(小学校3年生以下の方は保護者の付添いが必要)
※認定証およびウィングマークのプレゼントは、お一人様各モード1回限りとなります。その他、参加のルール等は、あいち航空ミュージアムWebページ(https://aichi-mof.com/)を御覧ください。

認定証とウィングマーク     パイロットシミュレーター

認定証とウィングマーク             パイロットシミュレーター


【YS-11パイロットシミュレーターの体験モードについて】
<ノーマルモード>
 どなたでも挑戦できます。ノーマルモードで五つ星を獲得された方には、シルバーパイロット認定証及びシルバーウィングマークをプレゼントします。
<エキスパートモード>
 シルバーパイロットに認定された方が挑戦できます。計器のみを頼りに飛ぶため、航路のターゲットが表示されるノーマルモードよりも難易度が上がります。エキスパートモードで五つ星を獲得された方には、ゴールドパイロット認定証及びゴールドウィングマークをプレゼントします。
 ※エキスパートモード挑戦希望者は、パイロット体験開始前にシルバーパイロット認定証を職業体験スタッフに御提示ください。

シルバー   ゴールド

シルバーウィングマーク                      ゴールドウィングマーク

その他

いずれのイベントも参加費は無料ですが、別途入館料が必要となります。

あいち航空ミュージアムについて(施設概要)

  場所:西春日井郡豊山町大字豊場(県営名古屋空港内)
  設置日:2017年11月30日(木曜日)
  設置者:愛知県
  指定管理者:名古屋空港ビルディング(株)
  開館時間:午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)
  休館日:火曜日(祝日、または振替休日の場合は翌日)
        2020年1月8日(水曜日)~10日(金曜日)、3月4日(水曜日)~6日(金曜日)

  入館料等詳しくはあいち航空ミュージアムWebページを御覧ください。