ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 航空空港課 > 航空関連企業の雇用を支援します

航空関連企業の雇用を支援します

航空関連企業の雇用を支援します

 新型コロナウイルス感染症の拡大は航空需要を減少させ、現在、航空業界は未曽有の苦難に直面しております。
 こうした状況はしばらく続く見通し※1であり、エアライン、グランドハンドリング(空港地上支援業務)会社、空港会社等の航空関連企業における雇用維持が困難となっています。この状況を見過ごせば、航空関連人材の流出を招き、今後航空需要が戻った際に、当地域の航空関連人材が不足することとなります。

 このため、愛知県では、下記のとおり航空関連企業の雇用を支援することにより、中部国際空港及び県営名古屋空港の安定的な運営を確保します。

1 中部国際空港株式会社に対する雇用支援
  中部国際空港の運営を支援するため、空港利用客の大幅減少により事業の縮小に直面している中部国際空港旅客サービス(株)※2の従業員15名を、2021年2月から2022年3月まで本県において受け入れます。

2 航空関連企業従業員の受入れ促進
 (1) 出向等に関する相談の受付
  県内の航空関連企業(エアライン、グランドハンドリング会社等)から、一時的に雇用過剰となっている従業員の出向等に関する相談を受け付けます。
  連絡先:建設局航空空港課機能強化推進グループ
        052-954-7460(平日午前9時から午後5時まで)
 (2) 受入れに向けた調整
  県内市町村、地元経済界に幅広く呼び掛け、県内航空関連企業からの従業員の受入れが進むよう調整します。

※1 IATA(国際航空運送協会)は、世界の航空需要が新型コロナウイルス感染症の影響を受ける前の水準に戻るのは、2024年になるとの見通しを示しています。
※2 中部国際空港において、免税店、ロビー売店、案内所、カード会社ラウンジ、外貨両替等の運営を担う、中部国際空港(株)が100%株式を所有するグループ企業