ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 航空対策課 > 新潟の魅力-中部国際空港の就航先紹介

新潟の魅力-中部国際空港の就航先紹介

中部国際空港から北陸最大の都市・新潟にある新潟空港へは、ANAが所要時間約1時間で1日2往復運航しています。新潟空港周辺の魅力をご紹介します。

新潟空港周辺地図

新潟空港周辺のみどころ

史跡「佐渡金山」

1601年に開山され、1989年の操業停止に至るまでの長い歴史のある金山です。江戸時代には日本最大の金銀山として世界有数の産出量を誇りました。
点在する坑道跡、採掘施設、製錬施設などは、ほとんどが国の重要文化財、史跡、近代化産業遺産に指定されています。
2010年には日本の世界遺産暫定リストに記載され、日本の推薦候補になるべく活動が続けれられています。。
新潟空港から佐渡金山までのアクセス
新潟空港から新潟港佐渡汽船ターミナルまで
タクシー、直行ミニライナーで約25分、
新潟港佐渡汽船ターミナルから両津港まで
ジェットフォイルで1時間5分、フェリーで2時間30分、
両津港から佐渡金山までバス・タクシー・車で約1時間
知床半島

彌彦神社

最古の歌集『万葉集』でも詠われるほど歴史の古い神社。古くから“おやひこさま”として親しまれており、おごそかな雰囲気が漂っています。パワースポットとして有名です。
越後平野の中央にそびえ立つ弥彦山の麓にあり、神社裏から弥彦山ロープウェイに乗れば、所要時間5分で新潟平野を一望できます。
新潟空港から彌彦神社までのアクセス
タクシー・車で60分または
新潟空港から新潟駅までバスで25分、新潟駅から弥彦駅までJRで約80分から110分、弥彦駅から徒歩15分。
弥彦神社

瓢湖(ひょうこ)【白鳥の飛来地】

「白鳥の渡来地」として全国的に有名です。国の天然記念物であり、ラムサール条約登録湿地にもなっています。白鳥は毎年10月上旬に第一陣が訪れ、3月下旬まで滞在します。最大5,000羽を超える白鳥が滞在します。
新潟空港から瓢湖までのアクセス
新潟駅までバスで25分、新潟駅から水原駅までJRで約30分から40分、水原駅より徒歩30分。
またはレンタカー・車で約35分
瓢湖

トキの森公園

佐渡トキ保護センターに隣接した公園で、トキの姿を間近に観察できます。
新潟空港からトキの森までのアクセス
新潟空港から新潟港佐渡汽船ターミナルまで
タクシー、直行ミニライナーで約25分、
新潟港佐渡汽船ターミナルから両津港まで
ジェットフォイルで1時間5分、フェリーで2時間30分、
両津港からトキの森までバス・タクシー・車で約20分
トキ

新潟市

北陸最大の都市である新潟のシンボルは信濃川にかかる萬代橋です。徒歩圏内には、いくつもの歴史的な神社やお寺、酒造、老舗料亭が連なっており、独特の街並みや文化が残っています。また、日本酒、そば、米など新潟のあらゆるグルメを楽しむことができます。
新潟空港から沼垂地区へのアクセス
新潟駅までリムジンバス20~30分、新潟駅から徒歩15分~20分。
新潟のシンボル「萬代橋」