ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

パレットVol.6

ページID:0001604 掲載日:2009年12月28日更新 印刷ページ表示

パレット ~あいち発きょういく通信~ vol.6

パレット vol.6
平成18年6月30日(金)に、家庭向け広報紙「パレット~あいち発きょういく通信~」vol.6を発行しました。
家庭や地域での取組の参考にしてください。実践のお便りもお待ちしています!
概要
発行日平成18年6月30日(金)※年2回発行
(vol.7は、平成18年12月上旬発行予定)
配布部数637,920部
 (内訳)
  小学生版  343,500部
  中学生版  159,280部
  高校生版  135,140部
主な配布先公立小・中・高等学校及び盲・聾・養護学校(名古屋市立を除く)の全児童生徒の保護者
各市町村教育委員会
各県民生活プラザ など
紙面構成表紙、特集、お知らせの3部構成です。
なお、特集は、小・中・高校生版共通です。

パレット全体について

紙面の構成やイラスト、写真などについて貴重なご意見をたくさんいただきました。いただいたご意見を今後の紙面に反映させていきたいと考えています。

  • 今年息子が養護学校中等部へ入学し、初めて読みました。写真とイラストが多く、カラフルな紙面なので文字を読めない息子もじっと見ていました。特殊学校の記事を含め、幅広い情報が載せられていると思いました。(40代・保護者)
  • 普段こういうものは見ない私でしたが、この問題を妹に教えてもらいこの新聞を読みました。でも読んでいくうちにこれにはまりました。カラーページでよみやすく、また、読もうかなと思うようになりました。(中学生)
  • 私は今、通信制高校に通っているのですが、他校の事や子どもの事について知ることがないので、読んでいて楽しかったです。夏の過ごし方について自分の中で見直すところが見つかりました。 (高校生)
  • いつも「旬」の情報が載っていてとても好印象です。これからも地域に密着しているからこそ得られる情報に期待していきますよ。(30代・保護者)
  • 学校からもらってくるので必ず目を通します。取り上げられている内容は今の問題でもあるのでとても役に立ちます。去年は万博のボランティアが載っていてインターネットから応募し参加することができました。2人の子供の貴重な体験でした。これからも情報をお願いします。(40代・保護者)
  • 保護者が対象なのか、子どもが対象なのか中途半端な気がしました。(40代・保護者)
  • あいているスペースも多く、もう少し見やすく整理していくと良いと思う。とにかく読みづらい気がします。表紙と裏紙の文字量を見て下さい。 子供の顔に配慮しているようでも裏の子供の顔とかまるわかりで通学場所もわかってしまう。少し気になりました。コートもたぶん同じものを着ることも多いので特定されやすいのでは? (40代・保護者)
  • 習っていない漢字がいっぱいあった。(小学生)
    • カラフルで、とても読みやすい。イラストがちょっと幼い感じがする。(40代・保護者)

私たち環境学習に取り組んでいます!

平成17年9月に閉幕した愛知万博では、"自然との共生"をテーマに環境に対する様々な取り組みが行われました。その理念を受け継いで、県内の多くの学校で、地域の特色を生かした環境学習に取り組んでいます。
 「総合的な学習の時間」などを利用して取り組んでいる事例を紹介しています。  
 紙面はこちらをご覧ください。 
  • 最近ますます高まるエコライフへの提言として興味深く拝見しました。息子も浄化センターやリサイクル工場の見学などを通して同じような学習をしており、小学生のうちからこのような体験を通して環境を大切にしていって欲しいと思っています。(40代・保護者)
  • 環境問題は今いろいろと言われていて、各小学校いろいろな事に取組んでいる事がよくわかりました。家庭でも考えないと…と思いました。(40代・保護者)
  • 愛知万博から広がった各校の取組みが分かりよかったです。(30代・保護者)
  • 同じ愛知県内の公立高校に通っているのに環境学習に取り組んでいる学校があるのを知りませんでした。私もこれを機に環境問題に取り組んでみたいです。(高校生)

今年の夏はいつもと違う!自分で自分をぐ~んと伸ばす!

生活の基本は「早寝・早起き・朝ご飯」です。生活のリズムを決めるとともに、一日の計画、一週間の計画、夏休みの計画をたてるなど、夏休みを有意義に過ごしてもらうために、取り組んでほしい事項を段階に分けて紹介しています。

今年の夏はいつもと違う!自分で自分をぐ~んと伸ばす!

  • 写真もきれいで読みやすく夏休みの生活について改めて考えさせられました。中学校の生活リズムがわからなくて不安だったのですが、実行できそうなことが書かれていて安心しました。(中学生)
  • あさごはんをしっかりたべないと、一日のあたまの中がまわらないと思いました。(小学生)
  • 見開きのStep1~3は冷蔵庫に貼って夏休みの生活リズムの管理に役立てたいと思います。 (40代・保護者)
  • もうすぐ夏休みだ、やれやれ毎日子供が家にいて大変だ~という気持ちでいましたが、パレットを読んで母の気持ちも夏休みに対して前向きになってきました。"夏休み企画実行委員会"というかんじで子供と一緒にできるだけ楽しく過ごし、休みが終わるころには"これだけやってできるようになった!!"という達成感を味わえるようがんばりたいと思います。(30代・保護者)
  • 朝ごはんを用意しても「いらない」ということがあり、大切なんだよとパレットを見ながら子供に伝えることができました。(40代・保護者)
  • 何より学校に入って初めての夏休み、娘と"早寝、早起き"の たいせつさを話しながら、子供なりのよいモチベーションができました。また、朝ごはんのメニューをつくるというのは、紙面を読まなければ思いつかないことでした。ごはんをつくる手伝いをしたことはあっても、肩をならべて考えたり、それを踏まえてお買い物なんて考えてもいなかったのでとてもよかったです! (30代・保護者)
  • 学びネットあいちというホームページを知り、いろいろなイベント情報を知ることができました。地域の中で子どもたちを見守り、育てていくことはとても大切と思いました。(中学生)
  • 夏休みの計画の立て方がわかりやすく書いてあった。ぼくは、大きい目標への計画と週ごとの細かい計画とを組み合わせて、実り多い夏休みにしたい。高校生活最後だから。休みになると朝の時間帯の生活が乱れがち。だから、その部分に焦点を合わせた今回の特集は良かったと思う。(高校生)

朝食作りに挑戦してみよう!

  • 朝食作りが良かったです。小6の息子がおみそ汁に興味があり時々作っているので、他の料理にもチャレンジしてもらいたいですね。(40代・保護者)
  • 朝食作りに挑戦というコーナーがとても役に立ちました。私はいつか自分で朝早くからおきて家族をよろこばせてあげたいなと思い、朝食を作れたのでよかったです。(小学生)
  • ゆっくり時間がとれる夏休みには普段できない事も時間をかけてあげる事ができます。食事の仕度も、手伝いたい子供をおしのけて親がやっていましたが、作らせてあげようと思いました。今から夏休みが楽しみです。(30代・保護者)

子どもたちの未来のために頑張ります!

平成18年度の主要事業、通学路等での安全対策、新型インフルエンザについて紹介しています。また、中学生版及び高校生版では、平成18年度新設の県立学校についても紹介しています。
紙面はこちらをご覧ください。 
【明日への始動】
  • なんとなく暮ごしている学校生活。その中で僕達の周りで多くの人がサポートしてくれていることに気付きました。(中学生)
  • 「他の学校や何かの事業がいつもこんなことをしているんだ」と思いました。特に「明日への始動」のところでは「子どもたちの未来のために」こんなにがんばっている人がいると思うと、少し励まされました。(中学生)
【父かえる運動】
  • 父かえる運動は多くの職場の理解と努力が必要ですね。(40代・保護者)
【特別支援教育】
  • 特別支援教育は人材育成も重要なカギになると思います。各校にひとりは"その道のプロ"の先生がいらっしゃるぐらいになるといいと思いますが、先生方の中にもまだこういった言葉さえ御存知ない方がいらっしゃると聞き、びっくりしています。多くの大人が正しく理解することが大切なのでしょうね。(40代・保護者)
【不審者情報】
  • 最近は子供が狙われる事件が多発していて残念に思います。だからこそ地域住民が協力して安全維持に努める活動が行われているのですね。(中学生)
  • 不審者情報がわかる「パトネットあいち」というものがあるとはじめて知りました。(30代・保護者)
  • 不審者情報と子供への接し方を、これをみて話すきっかけになりました。今、我が家の地区の小中学校ではメールで携帯に不審者情報が入ります。とてもいいサービスだと思います。学校と直接つながっている安心感がありますね。(40代・保護者)

お便りをお待ちしています!

郵送 〒460-8534(住所不要) 愛知県教育委員会総務課総務・広報グループ 係

FAX  052-961-3925 (「パレット担当」あて)

E-mail  kyoiku-somu@pref.aichi.lg.jp(件名に 「パレットについて」 と記載してください)

問合せ

愛知県 教育委員会事務局 総務課

E-mail: kyoiku-somu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)