ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水大気環境課 > 2021年度「三河湾環境再生プロジェクト-よみがえれ!生きものの里“三河湾”-」について

2021年度「三河湾環境再生プロジェクト-よみがえれ!生きものの里“三河湾”-」について

2021年度「三河湾環境再生プロジェクト-よみがえれ!生きものの里“三河湾”-」について

 愛知県では、三河湾の環境再生に向けた取組を進めるため、2012年度から「三河湾環境再生プロジェクト」を実施しています。今年度も、このプロジェクトの推進に当たり、県民の機運を高めるための各種取組を、「三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ」(2015年6月に設立。クラブの概要は参考を御覧ください。)と連携・協働しながら進めています。
 今年度のプロジェクトの取組の概要をお知らせします。

1 各種取組の概要

(1) 三河湾大感謝祭

 多くの人々に三河湾に関心を持っていただき三河湾の環境再生に向けた機運を高めるため、10月に蒲郡市内で「第8回三河湾大感謝祭」を開催します。

(2) 三河湾環境学習会

 船上での水質調査の体験等を通じて三河湾の環境を学んでもらうため、7月31日(土曜日)に蒲郡商工会議所及び三河湾(蒲郡市地先)で「三河湾環境学習会」を開催します。

(3) 三河湾環境再生体験会

 干潟の生きもの観察に加え、砂の流出防止など干潟の保全体験をしてもらうため、8月22日(日曜日)に東幡豆海岸及び前島(西尾市東幡豆町)で「三河湾環境再生体験会」を開催します。

(4) 親子向けのPR活動

 三河湾での環境再生の取組や三河湾の生きものを知っていただくため、親子が楽しめるPR活動を2回開催します。

(5) サポーター向けの講座

 「三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ」のサポーターの三河湾への関心・理解をより高め、環境保全活動への参加を促すため、サポーター向けの講座を2回開催します。

(6) サポーターズカードの作成

 「三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ」の会員とサポーターの一体感を醸成しサポーターの拡大を図るため、三河湾の魚などを題材としたコレクションカードとして、サポーターズカードを作成します。

(7) NPO等の活動支援

 三河湾の沿岸や流域における水質浄化の取組を推進するため、「あいち森と緑づくり税」を活用し、「三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ」の構成団体であるNPO等6団体の環境活動を支援します。

 各団体の事業概要は、表のとおりです。

表 活動支援を行うNPO等の事業概要
団体名事業概要
NPO法人愛知環境カウンセラー協会(名古屋市中村区)三河湾の環境再生に向けた現状把握と課題整理のため、三河湾の海上視察や渥美半島の海浜部の清掃活動・観察などのワークショップを行う。
「あいちの海」グリーンマップ(南知多町)三河湾の自然環境への関心を高めるため、南知多町での生物調査や、クサフグ産卵観察会など子供向けの観察会などを行う。
環境ボランティアサークル亀の子隊(田原市)海の大切さや恵みを学ぶため、海岸清掃や磯遊び、干潟での生きもの観察会など体験学習イベントを行う。
島を美しくつくる会(西尾市)佐久島や三河湾の環境改善のため、ボランティア及び佐久島の中学生によるアマモの移植・定植活動を行うイベントや里山整備を行う。
地域環境活性化協議会(尾張旭市)子供たちに森と水と緑の大切さを体感してもらうため、矢田川の水質調査・清掃活動、保育園での緑のカーテンづくり、環境フォーラムを実施する。
半田こどもエコクラブ(半田市)川の環境や生きものへの関心を高めるため、知多半島での生物調査や干潟の清掃、トビハゼの放流活動を行う。

 

2 その他

○新型コロナウイルス感染症の影響により、上記(1)~(5)及び(7)について、変更又は中止となる場合があります。

○プロジェクトの詳細については、こちらのWebページを御覧ください。

参考 三河湾環境再生パートナーシップ・クラブの概要

 三河湾の環境再生に向けた取組を、さらに発展、定着させていくことを目指して、平成27年6月10日に「三河湾環境再生パートナーシップ・クラブ」を設立しました。本クラブは県民、NPO、企業、関係団体、教育機関、行政等が連携・協働し、多くの人々に三河湾に関心を持ってもらい、県民の里海である三河湾を再生し、次の世代に贈ることを目的としています。

 詳細はこちらのWebページを御覧ください。

このページに関するお問合せ

  愛知県環境局環境政策部水大気環境課生活環境地盤対策室
  三河湾環境再生グループ
  電話:052-954-6220
  メール:seikatsujiban@pref.aichi.lg.jp