ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 平成30年度水・土壌環境保全活動功労者表彰において愛知県から推薦した2者の受賞が決定しました

平成30年度水・土壌環境保全活動功労者表彰において愛知県から推薦した2者の受賞が決定しました

平成30年12月14日(金曜日)
環境省同時

 環境省では、地域における河川等の水質浄化、生活排水対策等の普及啓発、水生生物の調査などを通じ、水・土壌環境の保全に関し顕著な実績のあった団体及び個人に対し、その功績を讃えるため、毎年度表彰しています。
 この度、愛知県から推薦した2者の受賞が決定しました。
 受賞者には平成31年1月17日(木曜日)に環境部長から表彰状の伝達を行います。

1 受賞者(敬称略)

(1)福原  靜

【経歴】

  平成19年4月 大府市生活排水クリーン推進員 着任

【活動期間】

  12年

【功績】

  平成19年4月に生活排水クリーン推進員に着任し、以降12年半にわたり地域の生活排水対策に係る啓発活動において中心的な役割を担っている。自治区事務所にて、地域住民や他の地区の生活排水クリーン推進員と協働して、廃食用油を使用した石けんづくりを自ら実施するほか、地域住民を対象とした石けんづくりの体験講座を実施するなど、廃食用油を使用した石けんの普及活動に取り組んでいる。
  また、廃食用油と凝固剤を使用したろうそくづくりを実施するなど、新たな廃食用油の利用方法の検討にも取り組んでいる。
  さらに、製作した石けんを水切りネットや啓発リーフレットと合わせて地域の清掃活動やふれあいサロンの際に配布し、家庭でできる生活排水対策の啓発を実施している。
  大府市内の生活排水クリーン推進員の中でも任期が長く経験が豊富なため、全体研修会の場において他の生活排水クリーン推進員に啓発方法を教えるなど、他の模範とするところである。  

(2)堀田 春美

【経歴】

  平成14年4月 東浦町生活排水クリーン推進員 着任

【活動期間】

  17年

【功績】

 平成14年4月に東浦町生活排水クリーン推進員に着任し、現在に至るまでの17年間、生活排水クリーンキャンペーンにおいて、家庭からの生活排水が河川や海にもたらす影響及びその対策について、住民に対して啓発及び普及に努めている。また、町内の河川の水質調査を2か月に一度行っている。

2 伝達式

(1)日時

  平成31年1月17日(木曜日)午後2時から午後2時30分まで

(2)場所

  愛知県庁西庁舎6階 環境部長室

 【参考】

水・土壌環境保全活動功労者表彰について

・趣 旨

 水・土壌環境の保全に係る分野において貢献された方々を顕彰し、水・土壌環境行政の推進に資する。

 

・受賞者数

 19件(団体:11団体、個人:8名。別紙参照)

生活排水クリーン推進員

  生活排水による公共用水域の水質汚濁の防止を図るため、市町村における住民主体の活動を行う者。

問合せ

愛知県環境部水大気環境課
調整・計画グループ
担 当  宮本、小久保
内 線  3045、3044
ダイヤルイン 052-954-6225

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)