ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 令和2年度水・土壌環境保全活動功労者表彰において愛知県から推薦した1名及び1団体の受賞が決定しました

令和2年度水・土壌環境保全活動功労者表彰において愛知県から推薦した1名及び1団体の受賞が決定しました

 環境省では、地域における河川等の水質浄化、生活排水対策等の普及啓発、水生生物の調査などを通じ、水・土壌環境の保全に関し顕著な功績のあった団体及び個人に対し、その功績を讃えるため、毎年度、表彰を行っています。
 この度、愛知県から推薦した1名及び1団体の受賞が決定しました。

1 受賞者(敬称略)

 水野 菊江(みずの きくえ)

【功績】

 2012年4月に生活排水クリーン推進員に着任し、以降8年半にわたり地域の生活排水対策に係る啓発活動において中心的な役割を担っている。

 地域住民や他の地区の生活排水クリーン推進員と協働して、廃食用油を使用した石けんづくりを自ら実施する他、地域住民を対象とした石けんづくりの体験講座を実施するとともに、地域の集まりの場で作った石けんや啓発品を配布し、生活排水向上を広く啓発活動している。

 関田区連合町内会(せきだくれんごうちょうないかい)

【功績】

 市内を流れる地蔵川沿川の13町内会で構成する関田区連合町内会が、2006年度から春日井市河川浄化モデル地区の指定を受け、区域内を流れる地蔵川において、年2回の除草及び清掃活動を行うとともに、毎月1回の水質調査及び河川パトロールを行い、地域の水環境の保全に貢献している。

2 参考

水・土壌環境保全活動功労者表彰について

・趣旨

水・土壌環境の保全に係る分野において貢献された方々を顕彰し、水・土壌環境行政の推進に資する。

・選定方法

 「被表彰者推薦基準」に基づき都道府県知事、指定都市長、環境省水・大気環境局内部又は地方環境事務所長の推薦があった者につき、環境省水・大気環境局内に設ける表彰選考委員会の審査を経て同省水・大気環境局長が決定する。

・受賞者数

22(団体:17団体、個人:5名) 

愛知県からの推薦は1名及び1団体

生活排水クリーン推進員

生活排水による公共用水域の水質汚濁の防止を図るため、市町村における住民主体の活動を行う者。

 

問合せ

愛知県環境局環境政策部
水大気環境課調整・計画グループ
内 線  3044、3058
ダイヤルイン 052-954-6221