ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業経営課 > 愛知県GAPについて

愛知県GAPについて

愛知県GAPの概要

 GAPとは、Good Agricultural Practiceの略で、農業生産工程管理と訳され、農産物の安全性などを確保するため、農業生産における各工程を生産者自らが点検して改善に取り組む手法です。
 愛知県では、GAPを安全・安心な農産物の供給を行う上で重要な取組と位置づけ、平成18年3月に、愛知県GAP「愛知県農産物環境安全推進マニュアル」を策定し、推進してきました。また、農産物の安全や環境に配慮した農業等のために、生産者に取り組んでいただきたい事項について、情勢を踏まえ改正しています。
 平成29年度に、「愛知県GAP」を農林水産省の「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に完全準拠したものに改正しました。
 安全・安心な農産物の供給や環境に配慮した農業を行うため、自らの経営を点検する手法として、取組事項一覧(やろまいシート)を是非とも御活用ください。

愛知県GAP認証制度はこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)