ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業経営課 > 令和2年度協同農業普及事業外部第三者評価の実施結果について

令和2年度協同農業普及事業外部第三者評価の実施結果について

令和2年度協同農業普及事業外部第三者評価の実施結果について

1 外部評価員

龍谷大学農学部食料農業システム学科  教授 淡路和則氏(学識経験者)
キャリアデザイン総合研究所 代表  佐々木史光氏(民間企業)
中日新聞社編集局生活部 部長  遠藤健司氏(マスコミ)
愛知消費者協会 会長  吉田典子氏(消費者)
愛知県農業経営士協会 副会長  杉本寛文氏(先進的な農業者)
愛知県農村生活アドバイザー協会 理事  原田恵子氏(女性農業者)
愛知県経済農業協同組合連合会営農総合 室長  桜井敏浩氏(農業関係団体)

2 評価会議

  コロナウィルス感染症の拡大防止の観点から書面会議による開催とした。内容については以下のとおり。
(1)普及指導活動成果発表
  ア 「知多地域における稲WCSの品質安定と継続利用に向けた取組」【知多農林水産事務所農業改良普及課】
  イ 「リーダー農家との協働によるGAPの普及」【西三河農林水産事務所農業改良普及課西尾駐在室】
  ウ 「集落ぐるみの獣害対策支援」【新城設楽農林水産事務所農業改良普及課新城駐在室】
  エ 「豚熱発生農家での経営再建の支援」【東三河農林水産事務所田原農業改良普及課】
(2)普及指導基本計画(対象年度:2016~2020年度)総合評価表

3 現地調査

(1)日時:令和2年10月19日(月曜日) 午前10時20分から午後2時30分まで
(2)場所:新城設楽総合庁舎 第1会議室 及び 現地
(3)出席者:外部評価員、集落代表者、普及指導員等
(4)内容
  ア 普及指導活動の体制について
  イ 普及指導活動成果事例(新城市)の現地調査

4 評価資料

5 外部評価員による評価の項目及び結果

評価の項目
(1)普及指導活動の体制について
(2)普及指導活動の計画について
(3)普及指導活動の実績及び成果について
(4)その他

6 普及指導活動への反映状況等

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)