ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業経営課 > 令和3年度愛知県農業経営士・農村生活アドバイザー・青年農業士認定式を開催します

令和3年度愛知県農業経営士・農村生活アドバイザー・青年農業士認定式を開催します

 愛知県では、農業の担い手として地域農業をリードし、自信と誇りを持って活躍していただくことを目的に、毎年、優れた農業者の方々を農業経営士、農村生活アドバイザー及び青年農業士として知事が認定しています。
 今年度、新たに70名(農業経営士34名、農村生活アドバイザー17名、青年農業士19名)を認定することとし、下記により認定式を開催しますのでお知らせします。

1 日時

2021年11月30日(火曜日) 午後1時30分から午後2時15分まで

2 場所

愛知県庁本庁舎 6階 正庁
 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号

3 次第

開式
認定証書授与   (大村秀章 愛知県知事から代表者に授与します。)
主催者挨拶     愛知県知事 大村 秀章
認定代表者挨拶  農業経営士 横井 靖治(よこい やすはる)氏(弥富市)
            農村生活アドバイザー 浜田 亜紀子(はまだ あきこ)氏(豊橋市)
            青年農業士 板倉 駿(いたくら しゅん)氏(みよし市)
来賓祝辞      愛知県農業経営士協会会長 水谷 一江(みずたに かずえ)氏
            愛知県農村生活アドバイザー協会会長 山内 祐子(やまうち ゆうこ)氏
            愛知県青年農業士連絡協議会会長 酒井 久憲(さかい ひさのり)氏
閉式

4 出席者

愛知県知事、農業経営士新規認定者、農村生活アドバイザー新規認定者、青年農業士新規認定者、県関係者等 約80名

5 その他

認定式は新型コロナウイルス感染症対策を行った上で実施することとし、団体職員や県職員などの出席を制限し、最小限の人数で実施します。

令和3年度農業経営士・農村生活アドバイザー・青年農業士認定者名簿

<参考> 関連説明

1 農業経営士
 地域農業のリーダーとして活躍している農業経営者です。認定者累計は1971年度の認定事業創設以来、本年度を含め2,348名となります。1974年11月に「愛知県農業経営士協会」を結成し、現在は777名の会員が研修や情報交換などを行っています。
 
 【知事認定の要件】
 ・効率的かつ安定的な農業を自ら営んでいること
 ・地域の新しい農業の推進役として指導的役割を果たしていること
 ・40歳以上59歳以下であること
 
2 農村生活アドバイザー
 農業経営者のパートナーとして、農業経営に参画するとともに、積極的に地域の活性化に貢献している女性農業者です。認定者累計は1995年度の認定事業創設以来、本年度を含め914名となります。1998年3月に「愛知県農村生活アドバイザー協会」を結成し、現在は360名の会員が情報交換や資質向上研修等を行っています。
 
 【知事認定の要件】
 ・農業経営の中で重要な役割を担い、人格、識見ともに優れていること
 ・魅力ある農家生活の模範的実践者であること
 ・女性のもつ能力や役割を発揮しながら、積極的に社会参画し、地域の活性化に貢献していること
 ・農業又は地域の組織に所属し、指導的役割を果たしていること
 ・40歳以上59歳以下であること
 
3 青年農業士
 将来に渡り地域農業の推進役となることを期待される若手農業者です。認定者累計は1976年度の認定事業創設以来、本年度を含め2,512名となります。1978年6月に「愛知県青年農業士連絡協議会」を結成し、現在は120名の会員(「青年農業士」の称号は45歳までとなります。)が部門別研究会、先進事例調査及び農業経営士との共同活動などを行っています。
 
 【知事認定の要件】
 ・効率的かつ安定的な農業経営を志すこと
 ・科学的な知識、技術と経営管理能力を有すること
 ・地域や組織の推進者となりうる能力を有すること
 ・研修や集団活動に積極的に参加した者であること
 ・地域の農業関係者等から信望の厚い者であること
 ・25歳以上39歳以下であること

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)