ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業経営課 > GAP認証取得支援事業の助成希望者を募集します。

GAP認証取得支援事業の助成希望者を募集します。

事業の内容

GAP(GLOBALG.A.P、ASIAGAP、JGAP)の認証取得に取り組む方を支援するため、認証審査費用等への助成を行います。

GAP認証取得支援事業チラシ [PDFファイル/108KB]

1 助成対象者

 新たにGAPの認証取得のために審査を受ける農業者等

(農業者、農事組合法人、農事組合法人以外の農地所有適格法人、農業協同組合、その他農業者の組織する団体、農業の専門学科を有する教育機関、その他県が支援することが適当と認める者)

 ただし、次のことを確約することが条件です

  ・認証取得の取組を普及させるために行う県の取組(審査立ち会いやアンケート等)に協力すること

  ・認証取得後3年間認証を維持すること

2 助成の対象

1 認証審査費用

 ・農産物のGAP認証取得のための審査費用及び審査員旅費

  *令和2年3月15日までに審査を受審する(対象者の責めに帰すことができない場合は、3月15日までに審査規約を締結し、年度内に支払いをする)必要があります。

2 環境整備費用

 ・設備改修・資材導入(照明器具の飛散防止対策、防虫・膨張対策資材等)

 ・ICTサービス利用料

 ・調査・分析費(残留農薬、水質、土壌等)

3 研修指導受講費用 

 ・GAP認証の取得を目指し、生産工程の適切な管理を実施するために必要な研修指導の受講費用、講師旅費

3 上限額

認証の種類別の上限額

認証の種類

支援の上限額

備考

GLOBALG.A.P.

295千円

上限額は税抜き額とする。
審査員旅費、指導講師旅費を除く。(左記上限額とは別に、審査員の旅費、指導講師の旅費は、実費1日分の1/2を上限とする。)

ASIAGAP

150千円

JGAP

130千円

*団体認証の場合は、その構成員の人数の平方根+2に上限額を乗じた金額を上限とする。詳細はお問い合わせください。

申請及び承認について

 助成希望者は次の申請書様式等に必要事項を記入の上、締め切り日までに愛知県農業水産局農政部農業経営課へ提出してください。

 なお、申請の内容を審査した上で、採択とした方へは追って承認通知を送付します。

・申請に必要な書類

○承認申請書(別記様式第1号) [Wordファイル/18KB]

○実施計画書(別記様式第1-1号) [Excelファイル/74KB] 

○確約書 [Wordファイル/18KB] 

○金額の根拠となる書類(見積書、様式は任意)

 

 

・申請書の締め切り

 令和元年6月4日(火曜日)

問合せ

愛知県農業水産局農政部農業経営課 環境・植防グループ

〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号

電話 052-954-6411(ダイヤルイン)

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)