ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 獣害対策の電気柵における点検結果について

獣害対策の電気柵における点検結果について

 平成27年10月6日記者発表

 平成27年7月に静岡県で発生した獣害対策の電気柵による感電死傷事故を受けて、県内全市町村において緊急安全点検を実施しておりましたが、その結果(9月30日現在)がまとまりましたので、お知らせします。

 なお、設置箇所数3,474箇所のうち、不適切事例201箇所については、市町村から管理者に対して是正を要請し、全ての箇所の改善を確認いたしました。

1 点検期間

 平成27年7月21日(火曜日)から9月30日(水曜日)

2 点検内容

 「危険表示」「電気柵用電源装置」「漏電遮断機」及び「開閉器(スイッチ)」の4項目について、各市町村が点検を実施

3 点検結果

電気柵施設の安全対策に係る緊急点検結果 及び 改善状況について

(1)電気柵設置市町村数

 18市町村

(2)設置箇所数

 3,474箇所

(3)うち不適切事例の箇所数

 201箇所

 (内訳)

  ・危険表示の未設置          199箇所

  ・電気柵用電源装置の不使用    0箇所

  ・漏電遮断器の未設置         2箇所

  ・開閉器(スイッチ)の未設置     0箇所

4 不適切事例に対する改善結果

 すべて改善済み

5 今後の安全確保対策

 農林水産省が新たに作成した啓発ポスター等を活用し、市町村等の指導機関に対しては継続的な点検・指導を依頼するとともに、電気柵の設置者となる農業者等に対しては、研修会等を通じて適切な管理を周知徹底していきます。

問合せ

愛知県 農林水産部 農業振興課
農村対策グループ
担当:足立、森本
内線:3651、3652
電話 052-954-6406(ダイヤルイン)
E-mail : nogyo-shinko@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)