ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業振興課 > 愛知県産のジビエ(シカ肉)をPR ~ジビエ関係団体が知事へ思いを伝えます~

愛知県産のジビエ(シカ肉)をPR ~ジビエ関係団体が知事へ思いを伝えます~

 愛知産ジビエ(シカ肉)

 愛知県では、県産農林水産物全体のイメージアップを進め、需要拡大を図っていく取組の一環として、知事が使用する名刺に県産農林水産物の図案を掲載しPRしています。(4月6日(月曜日)記者発表済み。)6、7月の品目は「ジビエ(シカ肉)」です。

 県内では山間地を中心に野生鳥獣が農作物を荒らす被害が増加しており、捕獲した有害鳥獣をジビエとして有効利用する活動が進められています。

 今回はシカ肉をより多くの方々に食べていただくため、ジビエ振興に関わる方々が知事を訪問し、シカ肉の特徴やこだわりについて思いを伝えるとともに、「シカ肉」を用いた健康に良い料理でジビエの魅力をPRします。

1 日時及び場所

  2020年6月9日(火曜日) 午前11時45分から正午まで

  愛知県公館

2 訪問者(敬称略)

 一般社団法人愛知ジビエ振興協議会 代表理事 松良 宗夫(まつら むねお)

 一般社団法人愛知ジビエ振興協議会 理   事 大西 光夫(おおにし みつお)

 学校法人糸菊学園名古屋調理師専門学校 校  長 向山 登(むかいやま のぼる)

 グランファミーユ・シェ松尾名古屋松坂屋店 料理長兼統括責任者 片岡 晃治(かたおか こうじ)

 猪鹿工房株式会社山恵 取締役 河合 廣美(かわい ひろみ)

 奥三河つぐ高原グリーンツーリズム推進協議会 会  長 金田 治久(かなだ はるひさ)

3 内容

  シカ肉の利用拡大を目指す活動者代表が知事を訪問し、シカ肉の特徴やこだわりについて思いを伝え、シカ肉の加工品を贈呈します。

 また、シカ肉のおいしさを「マリネ」、「シュークリーム」で、知事にアピールします。

鹿ロースみりんマリネ 鹿モモシュークリーム

      奥三河の鹿ロースのみりんマリネ            奥三河の鹿モモ肉のシュークリーム

参考資料

問合せ先

愛知県農業水産局農政部農業振興課

農村対策グループ

担当 西山、稲垣

電話 052-954-6406(ダイヤルイン) 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)