ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業大学校 > 令和2年度(2020年度)農業機械研修

令和2年度(2020年度)農業機械研修

 愛知県立農業大学校研修部では、農業を志す方、始めて間もない方などを対象に農業機械に関する資格、知識、技能を学ぶ研修を行っています。営農に必要な資格の取得、農業初心者の機械操作技能・知識の習得、自己研鑽の場などとしてご参加をお待ちしています。
 平成14年4月1日以前に生まれた方(18才以上の方)が対象で、研修によって免許の所有などの条件があります。

 新型コロナウイルスについて

 

研修の種類

令和2年度(2020年度)に開催を予定しているすべての農業機械研修リーフレットはこちら

令和2年度(2020年度)農業機械研修案内 [PDFファイル/211KB]]

申込書のみはこちら

PDF版の申込書 [PDFファイル/111KB]

ワード版の申込書 [Wordファイル/27KB]

 

大特免許研修(第6・7・8回研修は11月2日受付開始)

大型特殊免許(農耕車限定)を取得します。
大特免許研修計画
回数研修日適性検査技能試験免許受領受付開始定員
第1回7月7日から7月9日7月22日7月29日7月30日5月7日20人
第2回7月13日から7月15日8月18日8月26日8月27日5月7日18人
第3回9月25日、9月28日から9月29日10月8日10月14日10月15日5月7日20人
第4回10月21日から10月23日11月5日11月11日11月12日8月3日20人
第5回10月27日から10月29日11月5日11月11日11月12日8月3日20人
第6回1月6日から1月8日1月21日1月27日1月28日11月2日12人
第7回2月3日から2月5日2月18日2月24日2月25日11月2日20人
第8回2月15日から2月17日2月18日2月24日2月25日11月2日20人

 

  • 住所が愛知県内で、普通自動車が運転できる免許を持っている方(AT限定で可)
  • 第7回は農大の長期研修生や学生を中心に実施します
  • 受講料 8,000円(別に警察への技能試験申請等手数料が4,650円必要です)

けん引免許研修(第2回研修は11月2日受付開始)

 けん引免許(農耕車限定)を取得します。
けん引免許研修計画
回数研修日適性検査技能試験免許受領受付開始定員
第1回8月6日から7日、8月11日から12日8月18日8月26日8月27日5月7日12人
第2回1月14日から15日、1月18日から19日1月21日1月27日1月28日11月2日10人
  • 住所が愛知県内で、大特免許(農耕車限定で可)を持っている方
  • 1眼でそれぞれ0.5以上、両眼で0.8以上の視力と誤差2cm以内の深視力が必要です
  • 受講料 8,000円(別に警察への技能試験申請等手数料が4,650円必要です)

大型トラクター作業研修(10月末まで受付中)

 大型トラクターの安全で効率的な耕うん方法等を習得します。
大型トラクター作業研修計画
研修日受付開始定員備考
11月30日から12月2日8月3日15人 
  • 大特免許(農耕車限定で可)を持つ、初級者(概ね就農3年以内)の方
  • 受講料 3,000円

初心者のための小型トラクター利用研修(定員に達しました)

小型トラクターの安全な耕うん方法等を取得します。
初心者のための小型トラクター利用研修
回数研修日受付開始定員
第1回10月6日8月3日8人
第2回10月7日8月3日8人
  • 普通自動車を運転できる免許を持っている方(AT限定可)
  • 受講料 1,000円

小型車両系建設機械研修(10月中旬まで受付中)

小型車両系建設機械特別修了証(3t未満)を取得します。
小型車両系建設機械研修計画
回数研修日受付開始定員備考
第1回7月20日から7月21日5月7日26人キャタピラー教習所と共催です。
第2回11月25日から11月26日8月3日26人キャタピラー教習所と共催です。
  • 労働安全衛生法に基づきバックホー等小型建設機械の基本操作などを学びます
  • 農大から研修案内を通知後、キャタピラー教習所あて申込書を提出していただきます
  • 受講料は農大とキャタピラー教習所で別に徴収します。農大分は研修初日に現金で徴収、キャタピラー教習所分は指定する期日までに、指定口座へ振り込んでいただきます
  • 受講生が10人程度に達しない場合は研修を実施できないことがあります
  • 受講料 17,000円(農大2,000円、キャタピラー教習所15,000円)

フォークリフト研修(第2回研修は11月2日受付開始)

フォークリフト技能講習修了証(1t以上)を取得します。
フォークリフト研修計画
回数研修日受付開始定員必要資格備考
第1回

A:8月19日から8月20日

B:8月19日、8月21日

5月7日

14人

14人

大特免許

キャタピラー教習所

と共催です。

第2回

A:3月17日から3月18日

B:3月17日、3月19日

11月2日

14人

14人

大特免許

キャタピラー教習所

と共催です。

  • 各回とも受講者数が15人以上の場合、B日程を実施し、B日程を実施する場合、A、Bいずれかでの受講となります
  • 必要資格の大特免許は、農耕車限定でも可です
  • 労働安全衛生法に基づきフォークリフトの基本操作などを学びます
  • 大特免許(農耕車限定で可)が必要な11時間コースです
  • 農大から研修案内を通知後、キャタピラー教習所あて申込書を提出していただきます
  • 受講料は農大とキャタピラー教習所で別に徴収します。農大分は研修初日に現金で徴収、キャタピラー教習所分は指定する期日までに、指定口座へ振り込んでいただきます
  • 受講生が10人程度に達しない場合は研修を実施できないことがあります
  • 受講料 24,000円(農大2,000円、キャタピラー教習所22,000円)

 

アーク溶接研修(11月上旬まで受付中)

アーク溶接特別教育修了証を取得します。
アーク溶接研修計画
研修日受付開始定員備考
12月22日から12月24日8月3日24人キャタピラー教習所と共催です。

 

  • 労働安全衛生法に基づきアーク溶接の基本操作などを学びます
  • 農大から研修案内を通知後、キャタピラー教習所あて申込書を提出していただきます
  • 受講料は農大とキャタピラー教習所で別に徴収します。農大分は研修初日に現金で徴収、キャタピラー教習所分は指定する期日までに、指定口座へ振り込んでいただきます
  • 受講生が10人程度に達しない場合は研修を実施できないことがあります
  • 受講料 23,000円(農大2,000円、キャタピラー教習所21,000円)

 

刈払機研修

刈払機取扱作業者安全衛生教育修了証を取得します。
刈払機研修計画
研修日受付開始定員備考
8月4日5月7日24人キャタピラー教習所と共催です。

 

  • 労働安全衛生法に基づき刈払機の基本操作などを学びます
  • 農大から研修案内を通知後、キャタピラー教習所あて申込書を提出していただきます
  • 受講料は農大とキャタピラー教習所で別に徴収します。農大分は研修初日に現金で徴収、キャタピラー教習所分は指定する期日までに、指定口座へ振り込んでいただきます
  • 受講生が10人程度に達しない場合は研修を実施できないことがあります
  • 受講料 13,000円(農大2,000円、キャタピラー教習所11,000円)

 

受講申込、注意点など

申込受付期間

 研修ごとに定めた受付開始日の午前9時から受け付けを始め、研修初日の40日前に締め切ります。定員未満の場合は受け付けを続ける場合があります。

申し込み及び受講者決定

 所定の申込書に必要事項の記載と書類を貼付の上、郵送・Eメール・直接持参により提出してください。電話・FAXでの申し込みは受け付けません。

 申込書の不備(必要事項の未記入、判読不能等)や受付開始日時以前の申し込みなどは受け付けません。

 受講資格を満たし、受付期間内であれば、1枚の申込書で複数の研修に申し込んでいただくことも可能です(1枚1名に限る)。

 受付開始後7日までの申し込みが定員を超えた場合、そこまでで受け付けを締め切り、抽選します。7日を過ぎても定員に達しない場合は先着順で決定します。

※例年と受講者の決定方法が異なります。システムへの過度の負荷を避けるため、受付開始日時にメール送信することは、ご遠慮ください。研修日程、受講決定方法についてご理解いただいた上で、お申し込みください。

農業機械研修実施場所

受講者への連絡

 研修実施日前の30日頃に、集合時間・持ち物・本人確認書類等を示した研修案内を送ります。申込書が受け付けられたかなどの確認は、お手数ですがお問い合わせください。

その他

  • 農業大学校の受講料は研修初日に現金で徴収します。キャタピラー教習所の受講料は事前に口座振り込みをお願いします。納付いただいた受講料は原則として返却できません。
  • 台風や大地震など非常時の場合、研修を中止することがあります。
  • 欠席はなるべく早めにご連絡ください。キャンセル待ちの方が受講できるかもしれません。
  • 遅刻、早退される場合は受講をお断りさせていただきます。

個人情報の取扱い

申込の際にいただいた個人情報は、研修事務及び愛知県警運転免許試験場・キャタピラー教習所との連携以外に利用しません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)