ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 「食と緑のレポート’14」を作成しました

「食と緑のレポート’14」を作成しました

「食と緑のレポート’14」

 本県では、「食と緑が支える県民の豊かな暮らしづくり条例」(平成16年4月施行)に基づいて、平成23年5月に「食と緑の基本計画2015」を策定し、平成27年度(2015年度)を目標年度として様々な施策に取り組んでいます。

 このたび、平成25年度の取組事例を中心に取りまとめた「食と緑のレポート’14」を作成しましたのでお知らせします。

食と緑のレポート(2014年版)

  食と緑のレポート(2014年版)
  (A4カラー・P40表紙裏表紙含)

1 レポートの主な内容

(1)重点的取組について
   基本計画の施策体系のもとで推進する取組のうち、17の重点的取組について42事例を記載しました。

(2)県民が主体となった取組について
   基本計画において、県民のみなさんの取組として提案している「生産者と消費者の思いを伝える農林水産業」と「農のある暮らし」に係る取組について、23事例を記載しました。

(3)今後の主な取組について
   食と緑を取り巻く情勢を踏まえ、基本計画がめざす3つの姿の実現に向けた主な施策の方向を記載しました。

(4)愛知県の農林水産業あれこれ
   県の農林水産業に関する、産出額の全国順位などの主な指標や、本県を代表する農林水産物を記載しました。

 

2 閲覧について

「食と緑のレポート’14」は、10月31日(金)から県のホームページで御覧いただけます。

https://www.pref.aichi.jp/0000076919.html

3 「食と緑の基本計画2015」とは

 「食と緑が支える県民の豊かな暮らしづくり条例」の基本理念の実現を図るために、県民の皆様が消費者・生産者という立場を超えて取り組む内容や、県が実施する施策を総合的かつ計画的に推進するための事項を定めたものです。

条例の基本理念

  • 将来にわたって安全で良質な食料等が安定的に供給され、それらが適切に消費・利用されること。
  • 将来にわたって森林等が持つ多面的機能が適切かつ十分に発揮され、安全で良好な生活環境が確保されること。

問合せ

愛知県 農林水産部 農林政策課 企画グループ
 担当:松浦、江本
 内線:3658、3624
 ダイヤルイン:052-954-6395 
E-mail: nourin@pref.aichi.lg.jp