ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 農業 > 2016年版「農業の動き」、「林業の動き」を作成しました

本文

2016年版「農業の動き」、「林業の動き」を作成しました

ページID:0347010 掲載日:2016年5月31日更新 印刷ページ表示

2016年版「農業の動き」、「林業の動き」を作成しました

平成28年5月31日(火曜日)発表

 

 農業及び林業に係る動向調査資料である「農業の動き」、「林業の動き」の2016年版を作成しました。

 この資料は、昭和36年から毎年作成しているもので、本県の農業及び林業の状況を把握するとともに、今後の政策へ活用するため、農林水産省の統計や県独自資料の分析などから最近の農業、林業の動きを主要な項目ごとに取りまとめています。

 各項目の中で、特徴のある動きについては「主要な問題の解説」として、また、最近話題となっている事柄については「時の話題」として掲げています。

 また、この資料は、次のホームページアドレスで御覧いただけます。https://www.pref.aichi.jp/soshiki/nousei/ugoki-rekinenn.html

 なお、2016年版「水産業の動き」の作成は、農林水産省の統計の公表時期が異なるため、7月頃になる予定です。

農業の動き、林業の動き

 

1 「農業の動き」の概要

(1)愛知県農業の動向

ア 農業産出額は全国第7位、品目別には花きが全国第1位、野菜が全国第5位(p3、28~43、100~103)

・ 平成26年の農業産出額は、3,010億円で全国第7位です。園芸及び畜産部門が全国上位にあり、花きの産出額は、昭和37年以来連続して全国第1位(全国シェア16.2%)です。また、野菜が第5位、鶏卵が第6位、乳用牛及び豚が第7位などとなっています。

・ 品目別の産出額では、きく、洋ラン類(鉢)、観葉植物(鉢)、ばら、しそ、ふき、とうがん、うずら卵、いちじくの9品目が全国第1位です(とうがんの産出額は25年)。

【表1】農業産出額が上位の道県

順 位

 

 

21年

 

 

22年

 

 

23年

 

 

24年

 

 

25年

 

 

26年

第1位

 

 

北海道

 

 

北海道

 

 

北海道

 

 

北海道

 

 

北海道

 

 

北海道

(11,110)

第2位

 

 

茨 城

 

 

茨 城

 

 

茨 城

 

 

茨 城

 

 

茨 城

 

 

茨城

(4,292)

第3位

 

 

千 葉 

 

 

千 葉 

 

 

鹿児島

 

 

千 葉

 

 

千 葉 

 

 

鹿児島

(4,263)

第4位

 

 

鹿児島 

 

 

鹿児島 

 

 

千 葉 

 

 

鹿児島

 

 

鹿児島 

 

 

千葉

(4,151)

第5位

 

 

宮 崎 

 

 

熊 本 

 

 

熊 本 

 

 

熊 本 

 

 

熊 本 

 

 

宮崎

(3,326)

第6位

 

 

熊 本 

 

 

愛知 

 

 

愛知 

 

 

愛知 

 

 

宮 崎 

 

 

熊本

(3,283)

第7位

 

 

愛知 

 

 

宮 崎 

 

 

宮 崎 

 

 

宮 崎 

 

 

愛知 

 

 

愛知

(3,010)

(注)表中の( )内の数値は農業産出額(単位:億円)

【表2】部門別農業産出額の全国順位(平成26年)

花き

 

 

野菜

 

 

鶏卵

 

 

乳用牛

 

 

麦類

 

 

 

 

1位

 

 

5位

 

 

6位

 

 

7位

 

 

7位

 

 

7位

 

 

(注)全国順位が10位以内のもの

【表3】産出額が全国第1位の主な品目及び全国シェア(平成26年)

区分

 

 

品  目

 

 

農業産出額(億円)

 

 

全国シェア(%)

 

 

花き

きく

 

 

208

 

 

32.9

 

 

洋ラン類(鉢)

 

 

63

 

 

20.2

 

 

観葉植物(鉢)

 

 

40

 

 

33.6

 

 

ばら

 

 

26

 

 

13.9

 

 

野菜

 

 

しそ

 

 

110

 

 

68.3

 

 

ふき

 

 

11

 

 

37.9

 

 

とうがん ※

 

 

5

 

 

71.4

 

 

畜産

 

 

うずら卵

 

 

31

 

 

68.9

 

 

果実

 

 

いちじく

 

 

20

 

 

28.6

 

     ※ とうがんのみ平成25年の産出額

イ 新規就農者(44歳以下)は213人で前年度より33人増加(p6、7)

 26年度の新規就農者数(44歳以下)は、農業への関心が高まっていることや県独自の「農起業支援センター」による就農相談、国の青年就農給付金制度による支援などにより、213人と前年より33人増加しました。

 

  ウ 6次産業化(p58)

 23年の六次産業化・地産地消法の施行以降、県は6次産業化サポートセンターを25年11月に設置し、農林漁業者等の6次産業化の取組を支援しています。27年度までの六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定件数は76件で、全国第6位となっています。

(2)主要な問題の解説・時の話題

ア 主要な問題の解説

     ○ 農薬散布を目的とした無人航空機の取扱について(p13)

     ○ 農地転用許可の権限移譲について(p21)

     ○ 農業用用水路の大規模地震対策について(p25)

     ○ 農林業センサスによる耕作放棄地面積について(p27)

     ○ ウズラ新系統の開発について(p43)

     ○ 農林水産物等の輸出促進の取組について(p61)

イ 時の話題

  ○ 「食と緑の基本計画2020」について(p62)

  ○ 愛知県産農林水産物のブランド力強化について(p64、65)

  ○ あいちの施設園芸高度化プロジェクトについて(p69)

  ○ 農業大学校新学生寮「和耕寮」について(p70)

  ○ 入鹿池「世界かんがい施設遺産」登録について(p74)

2 「林業の動き」の概要

(1)愛知県林業の動向

(1)愛知県林業の動向

ア 森林面積は22万haで、県土の42%を占め、人工林率は64%で全国第3位(p1~4)

 平成26年度末での森林面積は、21万8,913haで、県土の42.3%を占め、人工林率は63.6%で全国平均 45.8%を大きく上回っています。

イ 素材生産量は11万6千m3(p1、10、11)

 本県の素材生産量は、平成18年次の8.1万m3から増加傾向で推移しており、平成26年は11.6万m3となりま      した。

 ウ 林道事業における老朽化対策への取組みについて(p7)

 平成24 年度補正予算から既設林道における点検診断・保全整備事業がメニュー化され、本県では新城市、東栄町、豊田市、設楽町で点検診断を実施しました。

エ 主伐・植栽・獣害対策の取組(p13)

 平成27年度の県事業「木材生産流通強化推進事業」により、県内2箇所において、主伐・植栽・獣害対策の現地実証を実施しました。

オ 60周年を迎えた愛知県森林公園ゴルフ場(p35)

 愛知県森林公園ゴルフ場は昭和30年にオープンし、平成27年に満60 年を迎えました。

(2)時の話題

○「食と緑の基本計画2020」を策定しました(p40、41)

○平成31年全国植樹祭の開催に向けて(p42)

○「海上の森保全活用計画 2025 」を策定しました(p43)

○県産木材の利用推進に取り組みました(p44)

   ~見て触れて 心安らぐ あいちの木~

○あいち森と緑づくりの庭を作成し、ワークショップを開催しました(p45)

   ~第 32 回全国都市緑化あいちフェアへの出展~

問合せ

愛知県 農林水産部 農林政策課
 電話:052-954-6395
 E-mail: nourin@pref.aichi.lg.jp

愛知県 農林水産部 農林基盤局 林務課
 電話:052-954-6407
 E-mail: rinmu@pref.aichi.lg.jp