ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育・子育て > 教育・学習 > 専門校・大学・私立学校 > 機械技術科が新設されます(2年訓練 入校時期4月 定員20名 合計40名)

機械技術科が新設されます(2年訓練 入校時期4月 定員20名 合計40名)

建替工事完了イメージ

『機械技術科』が2022年度からスタートします

 企業のニーズに対応したモノづくり人材を育成するため、社会人スキルを高める取組み「人づくり」を行いながら、生産現場で必要となるデジタル機器を活用した技術を習得する『機械技術科』を2022年度に新設します。
 機械技術科は、従来の技能訓練に加え、デジタル機器を活用した設計製図・機械加工についての学科・実技、実践的な技法や知識に触れる企業実習、就職する職業に合わせた選択型の専門実習など、就職時に即戦力となることを目指す専門的なカリキュラムのコースとなっています。
 
(現在、岡崎高等技術専門校は全面的な建替工事を実施していますが、新館の一部供用開始に伴い、2022年度から「機械技術科」と「3Dモデリング科」を新設します。)

特徴

<デジタル化された最新の実習機器>

 実際の生産現場で使用されている、CAD/CAMシステム、NC工作機械、三次元測定機等、今後の製造業で技術者として生き抜くために必要な各種デジタル機器の操作方法を習得します

<自信につながる検定・自分を守る安全教育>

 就職時及び就職後の職業人生における武器として、技量を証明する検定合格を、また、身を守るための盾として安全上必要な教育の修了を支援します

<入社時に差をつける・企業実習で即戦力>

 在校中に、就職希望先と雇用契約を結び給料を得ながら数か月の実務を経験します

 また、修了前に就職職種に合わせた専門訓練を実施し、即戦力となる技を身に付けます

訓練内容

主な訓練内容と就職支援のイメージ

主な訓練内容と就職支援のイメージ

<1年次>

 1年次は、機械技術職共通に必要な知識・技能を習得します。測定器や汎用工作機械など手で操作する機器を使用して、ものづくりの方法や機械技術職としての気質を肌で感じながら身に付けていきます。
 また、後半には、具体的な就職のイメージをつかむために企業実習を行う予定です。

<2年次前半>

 2年次前半は、デジタル機器に対応するための知識・技術を習得します。1年次に身に付けた知識・技能を基に、コンピュータ制御による工作機械や測定機の操作方法を身に付けます。
 また、就職活動を同時に行い、就職先内定を目指します。

<2年次後半>

 2年次後半は、内定先企業による実習と職種に合わせた実習を行います。職種ごとの専門的な実習と内定先企業での社員としての実習を組み合わせて、就職時に即戦力となれる技量を身に付けます。
 就職先の明確なイメージと必要な知識・技術を習得することによって、早期離職を防ぐことができます。

汎用工作機械による金属加工作業

測定器、旋盤、フライス盤の技能を習得します。工具の使用方法、機械の操作方法、安全作業、5Sを実践しながら身に付けます。
旋盤作業
フライス盤作業

コンピュータ制御による工作機械や測定機の操作実習

機械操作や段取り作業のほかに、工作機械の動作を制御するためのNCプログラムについて理解し、マニュアルプログラミング、対話型、CAMといったプログラム作成方法を身に付けます。作成したプログラムによる加工・検証を行い高精度な加工を目指します。
CNC旋盤
マシニングセンタ
三次元測定機
CAM

機械製図作業

機械製図は設計者・加工者に共通して必要な知識・技術です。1年次は、機械製図の知識と2次元CADソフトによる部品図作成を身に付けます。2年次には、3次元CADソフトによる3Dモデリングと組立図作成を身に付けます。
2DCAD
3DCAD

その他の実習

そのほか、機械技術職としての選択の幅を広げるために、溶接関係、制御機器関係、保全関係の実習を行います。
溶接
制御機器
電気保全

取得目標資格について

労働安全衛生法で規定される講習や企業で求められる国家検定など、多くの資格の合格をサポートします。
・国家技能検定(機械加工、機械・プラント製図)
・安全衛生特別教育(アーク溶接、ロボット、研削といし)
・技能講習(ガス溶接)
・QC検定

主な実習設備

実習を中心とした訓練カリキュラムのため、実習設備は充実しています。
工作機械の1つである普通旋盤やCAD等で使用するコンピュータは1人1台体制なので、
しっかりと技術が身につくまでトレーニングできます。
・3Dプリンター 2台
・レーザー加工機 1台
・三次元測定機 1台
・ワイヤカット放電加工機 1台
・マシニングセンタ 2台
・CNC旋盤 1台
・普通旋盤 21台 
・立型フライス盤 10台
・平面研削盤 2台
・CAD/CAMシステム 21台
               など

就職を想定する職種

●機械加工技術者

●機械設計技術者

●機械保全技術者

●CAD/CAMオペレーター

●NC工作機械オペレーター

●製造技能者

就職への支援

<企業実習>

●委託型企業実習

 1年次の後半に、地元の協力企業等で訓練を実施します。この実習を通して、訓練内容と仕事の関係性、社会人としてふさわしい礼儀等も学ぶことが出来ますので、仕事内容や職場環境の具体的なイメージをつかむことができます。

●就労型企業実習

 2年次の前半までに就職の内定を目指し、2年次の後半に内定先企業等に協力を得て職場での実習を行います。就労型企業実習では、雇用契約を結び給料を得ながら実務を経験します。一人の社員としての責任感を養いながら、実際の仕事を訓練修了前に覚えることができ、就職の不安を取り除くことができます。

<無料職業紹介業務>

 県内の高等技術専門校では、 職業安定法第33条の2に基づく無料職業紹介事業の届出を行っておりますので、企業から直接求人票を受理し担当指導員を通して訓練生に案内しております。更にハローワークとも連携して訓練生の就職をサポートします。

<就職活動のサポート>

 職業講話の実施、履歴書・職務経歴書・ジョブカードの作成支援、実践的な面接対策の練習を行うことにより、就職活動をサポートしていきます。

<企業ニーズ調査>

 担当指導員が、各地元企業を訪問し企業ニーズを的確につかみ、訓練に反映しています。

お問い合わせ

岡崎高等技術専門校
郵便番号: 444-0802
住所: 岡崎市美合町字平端24番地
電話: 0564-51-0775
E-mail: okazaki-senmonko@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)