ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地球温暖化対策課 > 低炭素水素シンポジウム(オンライン開催)の参加者を募集します!

低炭素水素シンポジウム(オンライン開催)の参加者を募集します!

低炭素水素シンポジウム(オンライン開催)の参加者を募集します!

 水素の製造・輸送・利用に伴う二酸化炭素の排出が少ない「低炭素水素」の意義や重要性を広く発信するため、「低炭素水素シンポジウム」をオンラインで開催します。
 シンポジウムでは、東京工業大学 特命教授 岡崎 健(おかざき けん)氏による基調講演のほか、本県独自の「低炭素水素認証制度」に基づく認定プロジェクトを現地の様子を交えて紹介します。御関心のある方は、是非御参加ください。

1 日時

2021年3月1日(月曜日)午後1時30分から午後4時まで

2 開催方法

Web会議アプリ(Zoom Webinar)によるオンライン配信

3 内容

(1)基調講演
  ア タイトル
    「脱炭素に向けて活発化する低炭素水素導入拡大」
  イ 講演者
    東京工業大学 科学技術創成研究院 特命教授 岡崎 健(おかざき けん) 氏
   (グローバル水素エネルギー研究ユニットリーダー)

(2)低炭素水素認証制度説明

(3)低炭素水素認証制度に基づく認定プロジェクト紹介
    認定プロジェクトを現地の様子を交えて紹介します。
  [認定プロジェクト]
   ・知多市・豊田市再エネ利用低炭素水素プロジェクト(トヨタ自動車株式会社)
   ・セントレア貨物地区水素充填所プロジェクト(株式会社鈴木商館)
   ・豊田自動織機高浜工場再エネ利用低炭素水素プロジェクト(株式会社豊田自動織機、東邦ガス株式会社)
   ・元町工場太陽光水電解水素ステーションプロジェクト(トヨタ自動車株式会社)

(4)パネルディスカッション
   [モデレーター]愛知工業大学 教授 鈴置 保雄(すずおき やすお) 氏
   [パネリスト]
    ・トヨタ自動車株式会社 プラント・環境生技部 生産環境室 企画第2グループ 主査 細目 一成(ほそめ かずなり) 氏
    ・中部電力株式会社 事業創造本部 情報銀行ユニット長 曽山 豊(そやま ゆたか) 氏
    ・東邦ガス株式会社 イノベーション推進部 マネジャー 葛山 弘一(かつらやま こういち) 氏
    ・株式会社豊田自動織機 PE環境部 環境室 CO2ゼログループ GM 鳥居 達也(とりい たつや) 氏

4 対象者

愛知県、岐阜県、三重県の事業者や一般県民など

5 定員

200名程度(申込先着順)

6 参加費

無料(通信料は自己負担となります。)

7 申込期限

2021年2月26日(金曜日)午後5時まで

8 申込方法

申込専用Webページからお申込みください。

9 問合せ先(県委託先)

日本コンベンションサービス株式会社中部支社 加藤
 電話:052-218-5822
 FAX:052-218-5823
 E-mail:LCH2_sympo@convention.co.jp

(参考1)低炭素水素

 水素は、利用の段階で二酸化炭素を排出しないことから、地球温暖化対策に大きく貢献し得るエネルギーとして期待されている。しかし、現在、国内で流通する水素のほとんどが化石燃料由来であり、製造段階では二酸化炭素が発生していることから、低炭素社会の実現に向けては、再生可能エネルギーを活用して水素を製造することなどにより、より低炭素な水素サプライチェーンの構築が不可欠である。

(参考2)低炭素水素認証制度

 愛知県では、低炭素水素サプライチェーンの構築に向け、製造・輸送・利用に伴う二酸化炭素の排出が少ない水素を「低炭素水素」として認証・情報発信する本県独自の「低炭素水素認証制度」を2018年4月に制定した。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)