ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 国際ビジネス > 国際ビジネス > 県内貿易港の輸出入動向調査

県内貿易港の輸出入動向調査

県内貿易港の輸出入動向調査

 この統計資料は、財務省発表の貿易統計資料等(インターネットで公開)を基に、県内の貿易港(名古屋港、衣浦港、三河港及び中部国際空港)の輸出入動向を各年ごとに集計し、資料として取りまとめたものです。

 本県の貿易動向を的確に把握するための資料としてご活用ください。

平成21年における愛知県内貿易港の輸出入動向について

 平成21年の県内貿易港における貿易は、輸出額が前年に比べ41.2%減の約8兆9千億円に、一方輸入額は38.0%減の約4兆3千億円となりました。輸出超過額(貿易黒字)は前年比43.8%減の約4兆円7千億円となり、輸出額、輸出超過額は2年連続、輸入額は10年ぶりに減少しました。
 また、製造品出荷額等が32年連続全国第1位(平成20年工業統計調査)の「モノづくり」県である本県の貿易額を全国的にみると、平成21年県内貿易港輸出額は全国の16.5%、輸入額は全国の8.3%を占めており、輸出超過額(貿易黒字)は全国比で175.0%になっております。 

平成21年における愛知県内貿易港の輸出入動向について

平成20年以前の愛知県内貿易港の輸出入動向

平成20年以前の輸出入動向調査の結果を掲載しています。

● 平成20年以前の調査結果のページへ

問合せ

愛知県 産業労働部 産業立地通商課

E-mail: ricchitsusho@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)