ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 林務課 > 愛知県初!「意欲と能力のある林業経営体」に豊田森林組合を登録しました

愛知県初!「意欲と能力のある林業経営体」に豊田森林組合を登録しました

豊田森林組合

本県初となる「意欲と能力のある林業経営体」を登録

 愛知県内の森林資源が充実する中、林業の成長産業化と森林資源の適切な管理を両立していくため、林業経営の集積・集約化の受皿となりうる林業経営体を確保することが重要となっています。
 こうした中、愛知県では森林経営管理法(平成30年法律第35号)第36条の規定に基づき、地域の森林経営管理を担う林業経営体として、経営管理実施権※1を取得する要件となる「意欲と能力のある林業経営体※2」に、豊田森林組合を本県で初めて登録しました。
1 対象林業経営体
  豊田森林組合
  (所在地:豊田市足助町横枕5番地 電話番号:0565-61-1616)
2 経営管理実施権の取得を希望する区域
  豊田市内全域
3 認定期間
  2019年9月10日から2021年3月31日まで
 今回の登録により、豊田森林組合は経営管理実施権の取得を希望する区域において、対象となる森林に係る経営管理権※3の委託を当該市から受ける要件を満たす林業経営体となり、集約化された森林において効率的な経営管理が行える担い手として期待されています。

「あいちの五つ星林業経営体※4」認定制度についても愛知県で初めて認定!

 「意欲と能力のある林業経営体」の登録に併せて、林業経営体のスキルアップを促す本県独自の認定制度である「あいちの五つ星林業経営体」についても、同組合に星一つの獲得を認め、本県で第1号の認定を行いました。
今後は、豊田森林組合に続く他の林業経営に意欲的な経営体についても、積極的に登録していきます。

参考

<関連説明>
※1 市町村の委託を受けて伐採等を実施するために林業経営体に設定される、経営管理権に基づく権利です。
※2 市町村が経営管理権を取得した森林のうち、林業経営に適した森林について委託を受けることができると県が認め、登録・公表した林業経営体です。
※3 森林所有者の委託を受けて伐採等を実施するために市町村に設定される権利です。
※4 「意欲と能力のある林業経営体」の公募に併せて本年3月に創設した認定制度で、以下の本県独自の基準(1)から(5)を満たすものについて認定するものです。
(1) 素材生産量5,000㎥/年の実績を有する
(2) 素材生産性に関し、間伐8㎥/人日又は主伐11㎥/人日を達成している
(3) 直近3事業年度において、死亡災害が発生していない
(4) 直近の事業年度において、休業4日以上の労働災害が発生していない
(5) 現場作業職員の平均年収が、全産業を平均した年収を上回っている

森林経営管理法に基づく森林経営管理制度のイメージ

経営管理制度イメージ