ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 林務課 > 木材需給情報システム導入業務の企画提案を募集します

木材需給情報システム導入業務の企画提案を募集します

1 業務名

木材需給情報システム導入業務

2 事業目的

 本県の森林資源は充実し、本格的な利用期を迎えており、「食と緑の基本計画2025」では、2025年の木材生産量を18万㎥まで増大させる目標を掲げています。
 また、本県は古くから木材産業が集積・発展してきた地域であるとともに、名古屋を始めとする大消費地を抱えており、生産地と消費地が近いという恵まれた立地条件にあります。さらに豊田市内で大型製材工場が本格稼働するなど、県内の木材需要の拡大が期待されています。
 こうした中、森林から生産される原木は、樹種や太さ、長さが様々であり、製材工場が必要とする原木を入手するには、原木市場を利用するほか、山側から向上へ直送するケースもあるものの、需給マッチングに時間と手間がかかっている現状があります。
 そのため、木材の需給情報を共有するシステム(以下「システム」と言う)を導入することにより、生産~流通過程の情報を透明化して、県産木材を利用する最適な需要先への原木配送、納期の短縮、コストの削減を進めることが可能となることから、従来の生産・流通体制を改めて、新たな木材生産・流通プラットフォームを構築するため、生産~流通過程にシステムの導入を図ります。

3 業務内容

(1)参加事業者の募集
 システムの導入を図るため、生産~流通過程に係る事業者として木材生産者3者以上、運送業者2者以上、製材工場2者以上を募集する。
(2)木材生産・流通プラットフォーム構想・計画の作成
 システム導入範囲(東三河地域)の現状・課題を元に、システムの導入効果を十分に得られる実施体制と事業計画を作成する。
(3)木材需給情報システムの導入業務
 ICTを用いた新たな木材生産・流通プラットフォームを構築するため、事業者に対して県が指定するシステムの導入支援を行う。
(4)木材生産現場情報通信の指導
 対象地域内の木材生産現場において、LPWA通信システムを試験的に導入し、情報通信の実証試験を行う。また、こうしたLPWA通信システムを木材需給情報システムに組み込むための方策や技術的な課題を検討、提案する。
(5)需給情報のマッチング
 システムを運用し、参加者から得られた需給情報をもとに需給マッチングを行い、ICTを用いた新たな木材生産・流通体制を実践する。
(6)導入成果のとりまとめ
 システムの導入効果を取りまとめて発注者に報告する。

4 応募資格

 応募資格者は、次の要件を満たす者とします。
(1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。
(2) 企画提案応募書の提出期限において、愛知県から指名停止の措置を受けていないこと。
(3) この公告の日から企画提案応募書提出期限までの期間において、「愛知県が行う事務及び事業からの暴力団排除に関する合意書」(平成24年4月29日付け愛知県知事等・愛知県警察本部長締結)に基づく排除措置を受けていないこと。
(4) 破産者でないこと。
(5) 国税及び地方税を滞納していないこと。
(6) 宗教活動や政治活動を目的とした者でないこと。

5 募集期間

令和3年6月10日(木曜日)から令和3年6月25日(金曜日)まで

6 契約条件

(1)契約形態
   委託契約とします。
(2)委託金額限度額
   9,357,055円(消費税及び地方消費税を含む)以内
(3)契約期間
   契約締結日から令和4年3月11日(金曜日)まで
(4)契約保証金
   愛知県財務規則129条の2により、契約金額の100分の10以上の額とします。ただし、愛知県財務規則129条の3第3号に該当する場合は全額を免除します。
(5)その他
   企画提案に基づく見積額は、契約時に至って同じ条件の下で、その額を超えることは認めません。
   なお、提案内容等を勘案して委託費を決定するため、委託契約額が見積額と同じになるとは限りません。

7 企画提案書の応募手続

 当事業の受託を希望される方は、別添1「企画提案書類作成要領」により、必要書類を作成し、提出してください。
(1)提出書類
 ア 企画応募書(様式1)
 イ 企画提案書(自由様式)
 ウ 実施体制及び同種事業実績(様式2)
 エ 経費積算書(自由様式)
 オ 見積書(自由様式)
        (代表者印を押印の上、「愛知県知事」あて)
 カ 添付資料
   ・ 定款又は寄附行為
   ・ 組織概要、事業概要がわかる資料(パンフレット等)
   ・ 決算報告書(直近3カ年)
   ・ 社会的価値の実現に資する取組に関する申告書(様式3)
     (該当する取組がある場合は、証明書類を併せて添付してください)
   ・ その他参考書類(委託費対象経費の積算基礎となるもの)
(2)提出部数
  ア、オ、カは各1部(正本1部)、イ~エは各10部(正本1部、副本9部)とします。
(3)提出期限
  令和3年6月25日(金曜日)午後5時【必着】
(4)提出方法
  郵送又は持参
(5)応募に関する問合せ先及び提出先
   〒460-8501
   名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
   愛知県農林基盤局林務部林務課
   木材生産・流通グループ(担当 加藤)
   電話 052-954-6407
   普及グループ(担当 中根)
   電話 052-954-6444
   FAX 052-954-6936
   E-mail rinmu@pref.aichi.lg.jp
(6)企画提案書作成上の注意事項
   ・企画提案に要する費用は、提案者の負担とします。
   ・提案期限後の問合せ、書類の追加・修正には原則として応じません。
   ・提出書類は返却しません。
(7)その他
  ア 応募に当たっては、予め募集期間内(ただし、土曜日、日曜日及び休日を除く、午前9時から午後5時までの間)に、林務課に問い合わせの上、説明を受けてください。
  イ 応募資格を有さない者の提出資料、又は提出資料に不備がある場合は受理しません。
  ウ 提出資料に係る個人情報は、当業務の目的に限って利用し、厳重に管理します。
  エ 提出された企画提案書の一切の権利は愛知県に帰属するものとします。
  オ 事業の実施に当たっては、選定された企画提案の内容は必ず行うものとし、具体的な実施内容については、愛知県と被選定者(受託者)が協議の上、決定します。

8 選定事業者数

1者

9 企画提案の選定等

(1)審査方法等
・ 提出された企画提案書について、県が選定する審査委員により書面審査を行い、受託者を選定します。
・ 審査の経過等、審査に関する問合せ及び異議申立てには応じません。
(2)照会等
・ 審査に至る過程で、必要に応じ、追加資料を請求する場合があります。
・ 応募内容等に不明な点がある場合、県からの電話等により照会を行うことがあります。
(3)審査の観点
・ 業務の意図・目的を理解しているか
・ 業務の実施体制は妥当か(類似業務の実施経験はあるか)
・ 業務の実施方法は適切か
・ 業務実施スケジュールは適切か
・ 企画提案の内容は、優れているか(調査方法・検討会議の運営・構想のイメージ)
・ 経費の積算は適切か
(4)選考結果
全応募者に対して郵送で通知します。
(5)契約
・ 選定された者と県は、企画提案の内容を基にして、業務の履行に必要な協議、調整を行い、協議が整った上で、委託見積限度額(予定価格)の範囲内で、契約を締結します。ただし、協議等が整わない場合は、決定者と改めて県が協議等を行うこととします。
・ 別に定める契約書により委託金額限度額の範囲内で契約を締結します。

10 スケジュール

○ 令和3年6月10日(木曜日) 企画運営業務委託の募集公告
○ 令和3年6月25日(金曜日) 企画提案書の提出期限
○ 令和3年6月下旬 選定委員会による審査
○ 令和3年6月下旬 受託者の決定
○ 令和3年6月30日(水曜日) 契約締結
○ 令和3年7月 1日(木曜日) 業務開始
○ 令和4年3月11日(金曜日) 業務完了

11 関係書類