ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 「ロボット施設見学ツアー」及び「ロボカップ体験イベント」の参加者を募集します

「ロボット施設見学ツアー」及び「ロボカップ体験イベント」の参加者を募集します

ロゴ

2020年10月に、愛知県国際展示場において「あいちロボカップAP2020」及び「ワールドロボットサミット2020」が開催されます。
愛知県では、これら2つのロボット国際大会の開催気運を醸成することを目的として、県民の皆様を対象に、「あいちロボットサマー」と銘打ち、ロボットが活用されている施設等をバスで巡る「ロボット施設見学ツアー」、及び名古屋市内の商業施設でロボットのデモンストレーションやワークショップ等を行う「ロボカップ体験イベント」を開催します。
これらのツアー・イベントを通じて、県民の皆様にロボットに関心を持っていただきたいと考えておりますので、是非御参加ください。

1 ロボット施設見学ツアー(参加無料、事前申込制)
2 ロボカップ体験イベント(申込不要、一部実費負担有り)
3 情報発信
4 主催・問合せ先
5 あいちロボットサマーチラシ(ロボット施設見学ツアー応募用紙)
6 参考

1 ロボット施設見学ツアー(参加無料、事前申込制)

(1)開催概要

4分野6つの見学コースを設定し、県内施設をバスで巡るツアーを実施します。

※天候や交通事情等により、見学内容や時間等が変更となる場合がございます。コース中に昼食のご用意はございません。必要な場合は各自でご準備ください。

ア 医療・介護ロボット分野

リハビリを支援するさまざまなロボットが活用されているリハビリテーションセンター、及び高齢者の離床をサポートするロボット等が活用されている高齢者施設の見学

医療・介護ロボット分野 概要
開催日見学先施設

8月10日(土曜日)
午前の部 8時15分~12時30分
午後の部 13時45分~18時

・藤田医科大学病院(豊明市)
・社会福祉法人サン・ビジョン ジョイフル名駅(名古屋市中村区)

イ モノづくりロボット分野

工場で活用されている産業用ロボットの見学等

モノづくりロボット分野 概要
開催日見学先施設
8月9日(金曜日)、8月31日(土曜日)
各日とも午前の部・午後の部の2回開催
午前の部  8時15分~12時30分
午後の部 13時45分~18時

[9日]
・(株)安川電機中部ロボットセンタ(みよし市)
・(株)ジェイテクト(刈谷市)
[31日]
・トライエンジニアリング(株)(名古屋市守山区)

 

ウ ドローン分野

建設現場や野生鳥獣対策に活用されるドローンのデモンストレーションと操縦体験

ドローン分野 概要
開催日見学先施設・内容
8月20日(火曜日)、8月28日(水曜日)
各日とも午前の部・午後の部の2回開催
午前の部 8時15分~12時30分
午後の部 13時45分~18時

[20日]
会場:三信建材工業(株)、神野インドア(豊橋市)
協力:(株)サイエンス・クリエイト
[28日]
会場:愛知県立大学次世代ロボット研究所(長久手市)
協力:キャリオ技研(株)、JUAVACドローンエキスパートアカデミー名古屋校

・デモンストレーション
・操縦体験(小学生以上が対象)

エ サービスロボット分野

電子機器の工場や中部国際空港で活躍するロボットの見学

サービスロボット分野 概要
開催日見学先施設

8月27日(火曜日)
午前の部  8時15分~12時30分
午後の部 13時45分~18時

・(株)デンソーウェーブ(阿久比町)
・中部国際空港(サービスロボットショーケース会場)(常滑市)

ツアーの行程

行程

(2)参加対象

県内に在住・在勤・在学の方ならどなたでも参加できます。(ただし、小学生以下の参加者は、保護者の同伴をお願いします。)

(3)募集定員

各回20名(応募者多数の場合は抽選)

※抽選の結果は応募者全員にメール又はFAXにて8月1日(木曜日)以降にお知らせいたします。(メール受信できるようご用意ください。)

(4)参加申込方法

7月30日(火曜日)17時までに、次の1、2いずれかの方法にてお申込みください。

  1. チラシ裏面の申込書に必要事項を記入し、FAXにてお申込み
  2. メール本文に、以下の必要事項を記入し、電子メールにてお申込み
  • 代表者の氏名・学校名又は勤務先・年齢・携帯電話番号・メールアドレス
  • 参加者全員の氏名・学校名又は勤務先・年齢・参加者人数(代表者含む)
  • 参加を希望するツアー実施回(第3希望まで)

※午前の部は小学生以下のお子様を含む組を優先的に採択します。

(5)参加募集に関する問合せ先・参加申込先

あいちロボットサマー事務局(県委託先 アジャスト(株)内)

電話:080-2674-3203 FAX:052-265-7482 メール:robot@adjust-inc.jp

 (電話受付時間:午前10時~午後5時(土日祝日除く))

2 ロボカップ体験イベント(申込不要、一部実費負担有り)

(1)開催日時

8月25日(日曜日)、8月26日(月曜日) 午前10時~午後5時

(2)開催場所

イオンモール大高 1階ブルーコート

住所:名古屋市緑区南大高二丁目450番地

電話番号:052-626-2811

(3)実施内容等

ロボカップ体験イベント内容
実施内容参加費定員申込方法説明
(1)競技デモンストレーション無料なし事前申込不要ロボカップで実施するロボットサッカーや災害救助の競技についての解説や、ロボットの操作を体験できます。
(2)ロボットワークショップ
(各日11時30分~12時30分、14時30分~15時30分)
500円~1200円(教材費代)

各回10名

当日受付、先着順
※各回開始30分前から整理券配布
ロボット工作(8/25)、ロボットプログラミング(8/26)を体験できます。
【対象年齢】
ロボット工作:小学3年生以上(保護者同伴であれば小学1年生以上でも可能)
ロボットプログラミング:小学生中学年~中学生
(3)ロボットステージ
(各日10時30分~11時、13時30分~14時、16時~16時30分)
無料なし事前申込不要ロボットによるダンスやラジオ体操を披露します。

(4)イベントに関する問合せ先

あいちロボットサマー事務局(県委託先 アジャスト(株)内)

電話:080-2674-3203 FAX:052-265-7482 メール:robot@adjust-inc.jp

 (電話受付時間:午前10時~午後5時(土日祝日除く))

3 情報発信

ツアーの申込状況やイベントの様子は、あいちロボカップAP2020公式SNSにおいて発信します。

公式Twitter: https://twitter.com/ARCAP2020/

公式Facebook: https://www.facebook.com/ARCAP2020/

公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfiSPs9RYYu7RIV7e9UOZgA

公式Instagram: https://www.instagram.com/ARCAP2020/

4 主催・問合せ先

(1)主催(ロボット施設見学ツアー、ロボカップ体験イベント共通)

あいちロボカップAP2020開催委員会

(2)主催者問合せ先

あいちロボカップAP2020開催委員会事務局 内藤

(愛知県経済産業局産業部産業振興課ロボット国際大会推進室内)

電話:052-954-6374(ダイヤルイン) メール:robotconv@pref.aichi.lg.jp

(3)取材について

取材希望の見学先施設や協力企業等に対して事前調整が必要ですので、取材希望日の3日前までに、「(2)主催者問合せ先」まで御連絡ください。

5 あいちロボットサマーチラシ(ロボット施設見学ツアー応募用紙)

あいちロボットサマーチラシ(表面) [PDFファイル/1.13MB]

あいちロボットサマーチラシ(裏面)【ロボット施設見学ツアー応募用紙】 [PDFファイル/509KB]

 

 

6 参考

1 あいちロボカップAP2020

アジア・太平洋地域を中心とした学生によるロボット競技(ロボカップアジアパシフィック大会)及び一般参加可能な連携イベントから成る国際大会。ロボカップは、ロボット工学と人工知能が融合する自律型ロボットの研究及び教育の深化を目的としたロボットの競技大会。アジアパシフィック大会は、ロボカップの裾野を広げることを目的に2017年から毎年開催。

  • 主催

あいちロボカップAP2020開催委員会、ロボカップアジアパシフィック委員会

  • ロボカップアジアパシフィック大会

競技:サッカー、レスキュー、@ホーム、インダストリアル、UAVチャレンジ、ジュニア

シンポジウム:ロボット・AIに関する講演や交流会

  • ロボット国際大会連携イベント(仮称)

子ども向けワークショップ、ロボット企画展、講演会、ロボット活用施設見学ツアーなど。(同時開催する「ワールドロボットサミット2020」と共同で実施)

2 ワールドロボットサミット2020

ロボットの社会実装を促進するために、社会課題を解決するロボットの競技会と未来の姿を発信するロボットの展示会。

  • 主催

経済産業省、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構

  • ワールドロボットチャレンジ(競技会)

ものづくり、サービス、インフラ・災害対応、ジュニア

  • ワールドロボットエキスポ(展示会)

最新のロボット技術やロボット導入事例を展示

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)