ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 【延期】【知事会見】ロボカップアジアパシフィック2020あいちの公式ロゴマークと公式キャラクターについて

【延期】【知事会見】ロボカップアジアパシフィック2020あいちの公式ロゴマークと公式キャラクターについて

新型コロナウイルス感染症の世界的な終息の見通しが立っていないことから、「ロボカップアジアパシフィック2020あいち」の開催を延期します。

延期後の開催日程は、2021年11月25日(木曜日)から29日(月曜日)までとし、大会名称は「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」とします。

主催及び会場については変更ありません(シンポジウム会場は未定)。

新たな日程での詳細な大会内容については、決まり次第改めて発表します。

 

【2019年9月24日発表】

【2020年2月6日修正 - ロゴマーク、キャラクターの使用規程について追記するとともに、キャラクター画像を更新しました。】

 ロボカップアジアパシフィック2020あいち開催委員会では、2020年10月にAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で開催する、アジア・太平洋地域の学生を中心としたロボット競技会の名称を「ロボカップアジアパシフィック2020あいち」に決定するとともに、公式ロゴマークと公式キャラクターを決定しました。
 これらを活用し、今年10月に開催する「一年前イベント」(2019年9月6日発表済み)を始め、様々な機会を捉え、開催に向けたPRに一層力を入れていきます。

1 大会名称の決定

ロボカップアジアパシフィック2020あいち

[英語名] RoboCup Asia-Pacific 2020 Aichi Japan

 これまで、一般名称として「ロボカップアジアパシフィック大会」と称してきましたが、国内外へ広くPRするため、正式名称を決定しました。(なお、これまでサイドイベントを含む大会の総称として用いてきた「あいちロボカップAP2020」という名称は、混同されることを避けるため、廃止することとします。)
 この名称決定と併せ、開催委員会の名称も「ロボカップアジアパシフィック2020あいち開催委員会」に変更します。

2 公式ロゴマーク・公式キャラクターの決定

公式ロゴマーク

ロゴ

  • 説明:ロボットの重要な部品である歯車を用いて文字を制作し、立体的に飛び出したデザインにより、驚きや感動に溢れ、歓声の上がる大会の賑わいを表現しています。

公式キャラクター

 

 

公式キャラクター

  • 愛称   「 あいべえ 」  〔英語名〕  「Ai-beh
  • 由来   愛知県の「あい」と、かつて日本でよく使用されていた男性の名前「兵衛(べえ)」を合わせて、日本らしさを伝えるとともに、ロボットの頭脳である人工知能(AI・あい)も象徴する名前としています。
  • 説明   ロボットの原点と言われるからくり人形(茶運び人形)が、進化を経て現在の姿になったというコンセプト。明るく元気な性格をイメージして大会を盛り上げます。

決定の経緯

  • 大会の開催委員会において、今年度、ロボカップアジアパシフィック大会の情報発信業務の一環として、公式ロゴマークと公式キャラクターのデザインを外部へ発注。
  • 委託先事業者から提出されたそれぞれ複数案のうちから、開催委員会の運営部会における審議を経て、開催委員会が承認・決定。

3 その他

この公式ロゴマーク・公式キャラクターをご利用になりたい場合は、使用規程をご確認ください。

ご不明な点がありましたら、ロボカップアジアパシフィック2020あいち開催委員会事務局(愛知県経済産業局産業部産業振興課ロボット国際大会推進室事業グループ(052-954-6374))までご連絡ください。