ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課ロボット国際大会推進室 > 新あいち創造研究開発補助金(サービスロボット実用化)の事業報告について

新あいち創造研究開発補助金(サービスロボット実用化)の事業報告について

新あいち創造研究開発補助金(サービスロボット実用化)の事業報告について

 愛知県では、本県ロボット産業の技術力をより一層高めるため、2018年度から2020年度まで「新あいち創造研究開発補助金(サービスロボット実用化)」により、県内企業が取り組むサービスロボットの開発や実証実験を支援してきました。

 この度、3年間の補助事業終了にあたり、これまでに同補助金を活用して開発されたサービスロボットをご紹介します。

本補助金の詳細については、新あいち創造研究開発補助金のページをご確認下さい。

新あいち創造研究開発補助金(サービスロボット実用化)補助事業一覧(2018~2020年度)
企業名(50音順)所在地 (実施地)事業の名称事業年度
株式会社インディ・アソシエイツ名古屋市中区リモートネットワーク型サービスロボットの実用化2018~2019
株式会社ケーイーアール豊川市自律二輪ロボット「TAIRA 2S」の案内・警備ロボットへの実用化2018~2019
株式会社シンテックホズミみよし市荷物運搬支援ロボットの実用化2018~2019
新明工業株式会社豊田市自律運行カート回収ロボットの実用化2018~2020
綜合警備保障株式会社名古屋市中区警備・案内サービスロボットの実用化2018
TechMagic株式会社豊田市料理・飲料を自動提供するロボットの実用化2020
株式会社東亜製作所豊田市インフォメーションロボットの実用化2018~2020
パナソニック システムソリューションズジャパン株式会社名古屋市東区業務用移動ロボット、ポーターロボット等の実用化2018~2020
豊和工業株式会社清須市屋外用清掃ロボットの実用化2018~2020

 

各企業が開発したロボットについて(企業名50音順)

株式会社インディ・アソシエイツ

(2018年度~2019年度補助事業)

「リモートネットワーク型サービスロボットの実用化」

リモートロボット「MORK」
リモートロボット「MORK」
  • ロボットの概要

 海外からの来訪者を含む施設利用者に対してコンシェルジュのような役割を担うロボット。

  • 活用シーン

 空港施設、展示場、商業施設等

  • 技術ポイント

 AIを用いた多言語対応のコミュニケーション機能や障害物自動回避機能。

  • 社会実装のインパクト

 自宅等の遠隔地からインターネットを介して操作することによる、働き方改革に向けた新たな方策として期待。

株式会社ケーイーアール

(2018年度~2019年度補助事業)

「自律二輪ロボット「TAIRA 2s」の案内・警備ロボットへの実用化」

自律二輪ロボット「TAIRA 2s」
自律二輪ロボット「TAIRA 2s」
  • ロボットの概要

 施設内の巡回警備を自律または遠隔操作で行うロボット。施設利用者に目的地まで付き添って案内も行う。

  • 活用シーン

 空港施設等(受付周辺、施設全般等)

  • 技術ポイント

 独自機構による高いバランス性、機動性。カメラによる人物認識と追尾走行。

  • 社会実装のインパクト

 警備対策が重要な空港での活躍に期待。

株式会社シンテックホズミ

2018年度、2019年度補助事業

「荷物運搬支援ロボットの実用化」

アシスト付6輪台車とアシスト付手荷物運搬カート
アシスト付6輪台車/アシスト付手荷物運搬カート
  • ロボットの概要

 旅行者や運搬作業員の荷物を運搬する台車の移動をアシストするロボット。

  • 活用シーン

 空港施設、商業施設等

  • 技術ポイント

 電動アシスト機能のユニット化、台車を押す力に合わせた最適なアシストを実現。

  • 社会実装のインパクト

 荷物運搬時の身体的負担の軽減。

新明工業株式会社

(2018年度~2020年度補助事業)

「自律運行カート回収ロボットの実用化」

カート搬送ロボット「Talbot」
カート搬送ロボット「Talbot」
  • ロボットの概要

 空港施設等で利用されるカートを複数台連結し、自律運行しながらカート回収場所まで運搬するロボット。

  • 活用シーン

 空港施設、商業施設等

  • 技術ポイント

 AIを用いた自律走行、 画像処理技術と高精度なロボット制御によるカートとロボットの自動連結。

  • 社会実装のインパクト

 自動運転技術を活かした多目的利用に期待。

綜合警備保障株式会社

2018年度補助事業

「警備・案内サービスロボットの実用化」

警備ロボット「REBORG-Z」
警備ロボット「REBORG-Z」
  • ロボットの概要

 巡回警備など警備員の業務を代替するロボット。

  • 活用シーン

 空港施設、商業施設、オフィスビル等

  • 技術ポイント

 AIを用いた自律走行、不審者、不審物、火災等の異常検知機能、多言語対応のコミュニケーション機能。

  • 社会実装のインパクト

 特に、各種警備対策が重要な空港での活用に期待。

TechMagic株式会社

(2020年度補助事業)

「料理・飲料を自動提供するロボットの実用化」

ドリンクロボット
ドリンクロボット
  • ロボットの概要

 飲食店舗の厨房内で、飲料を自動提供するロボット。

  • 活用シーン

 飲食店舗等

  • 技術ポイント

 料理や飲料の提供に必要な最小単位のロボットユニットを設計し、それらを組み合わせることで様々な店舗への導入が可能。

  • 社会実装のインパクト

 多くの店舗への導入により人手不足の解消に期待。

株式会社東亜製作所

(2018年度~2020年度補助事業)

「インフォメーションロボットの実用化」

インフォメーションロボット
インフォメーションロボット
  • ロボットの概要

 大型モニターを搭載した自立移動型インフォメーションロボット。

  • 活用シーン

 商業施設、空港施設、展示場等

  • 技術ポイント

 AIを用いた周辺環境認識及び自律移動、シンプルな機能に絞り高い汎用性。

  • 社会実装のインパクト

 搭載するコンテンツにより様々なシーンでの活用に期待。

パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社

(2018年度~2020年度補助事業)

「業務用移動ロボット、ポーターロボット等の実用化」

業務用移動ロボット モノ搬送ロボット
業務用移動ロボット、モノ搬送ロボット
  • ロボットの概要

 人の移動や荷物の搬送を行うロボット。

  • 活用シーン

 空港施設等

  • 技術ポイント

 既存の施設設備(監視カメラ等)とも連携し、高精度な自律移動が可能。

  • 社会実装のインパクト

 パーソナルモビリティと搬送ロボットとの連動など、空港業務のサービス向上に期待。

豊和工業株式会社

(2018年度~2020年度補助事業)

「屋外用清掃ロボットの実用化」

屋外自律走行型EVスイーパー
屋外自律走行型EVスイーパー
  • ロボットの概要

 屋外の大規模な広場等を清掃するロボット。

  • 活用シーン

 工場構内、大型駐車場、土木作業現場等

  • 技術ポイント

 屋外環境に対応した長時間自律走行。

  • 社会実装のインパクト

 屋外用の自律走行型清掃ロボットによる清掃作業の省力化。人の侵入が制限される作業現場での活用に期待。