ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 中部国際空港等でサービスロボットの実証実験・デモンストレーションを行う企業を募集します

中部国際空港等でサービスロボットの実証実験・デモンストレーションを行う企業を募集します

中部国際空港島等でサービスロボットの実証実験・デモンストレーションを行う企業を募集します

 愛知県では、2020年10月の「ロボカップアジアパシフィック大会」及び「ワールドロボットサミット」の開催に向け、実証実験やデモンストレーションを通じてサービスロボットの社会実装を促進するとともに、2つのロボット国際大会の会場となる中部国際空港島をサービスロボットの“ショーケース”と見立て、本県のロボットの技術力や先端的なロボットの姿を世界に発信していく「サービスロボットショーケース推進事業」を今年度から実施します。

 この度、本事業への参加によるサービスロボットの実証実験及びデモンストレーションを希望する企業を募集しますので、是非御応募ください。

1 募集の概要

 (1)募集対象

  県内外で実用化されている、又は実用化に近いサービスロボット

 (2)募集件数

  17機程度

2 実施概要

(1)場所

中部国際空港(実証実験)、愛知県国際展示場等(デモンストレーション)

(2)実施日と場所

  実証実験1.2.のいずれか、または両方に参加することが条件となります。

  なお、実証実験3.及びデモンストレーションへの参加については、参加企業と調整の上、県が決定します。

(実証実験)
  1. 2019年8月26日(月曜日)~9月1日(日曜日) 、中部国際空港(アクセスプラザ周辺)
  2. 2019年11月18日(月曜日)~24日(日曜日)、中部国際空港(アクセスプラザ周辺)
  3. 2020年3月中下旬、中部国際空港(アクセスプラザ周辺)
(デモンストレーション)
  1. 2019年8月30日(金曜日)、 愛知県国際展示場(常滑市)
  2. 2019年10月12日(土曜日)~13日(日曜日)、イオンモール常滑(常滑市)
  3. 2019年11月22日(金曜日)~23日(土曜日)、G20外務大臣会合関連施設(名古屋市内)

※ 3については、実施の可否について、今後、国等との調整があります。

3 応募方法等

(1)応募書類

  • 参加申込書
  • サービスロボット及び実証実験の内容がわかる資料(様式自由)
  • ロボットの外観(全周)及び動作がわかる1分程度の映像

(2)応募期限

2019年6月19日(水曜日)午後5時

(3)提出方法

次項の応募書類提出先へ、メールにて提出してください。

(4)応募書類提出先

サービスロボットショーケース推進事業運営事務局

((株)ティー・ツー・クリエイティブ※ 内)

※ 本事業の委託先事業者((株)電通ライブ名古屋支社)より、事務局業務を受託

担当 : 常見 (つねみ) 

E-mail:office@robotshowcase.jp

4 その他審査方法等

審査方法等の詳細については「募集要項」を確認してください。

5 募集要項、申込書

事業全般に関する問合せ先

愛知県経済産業局産業部産業振興課ロボット国際大会推進室事業グループ

 担当:佐藤、村川

 住所:〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号(愛知県庁本庁舎1階)

 電話:052-954-6374(ダイヤルイン) FAX:052-954-6997

 E-mail:robotconv@pref.aichi.lg.jp

 受付時間:午前8時45分から正午まで、午後1時から午後5時30分まで

 (土日を除く)

ロボカップアジアパシフィック大会

ロボカップは、ロボット工学と人工知能が融合する自律型ロボットの研究の深化を目的としたロボットの競技大会。

アジアパシフィック大会は、ロボカップの裾野を広げることを目的に2017年から毎年開催。

主催:あいちロボカップAP2020開催委員会、ロボカップアジアパシフィック委員会

(主な競技種目)

・サッカー、レスキュー、@ホーム、インダストリアル、ジュニア

ワールドロボットサミット

ロボットの社会実装を促進するために、社会課題を解決するロボットの競技会と未来の姿を発信するロボットの展示会。

主催:経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構

・ワールドロボットチャレンジ(競技会):ものづくり、インフラ・災害対応、サービス、ジュニア

・ワールドロボットエキスポ(展示会):最新のロボット技術やロボット導入事例を展示

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)