ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課ロボット国際大会推進室 > 「ワールドロボットサミット2020」の開催延期について

「ワールドロボットサミット2020」の開催延期について

本年開催予定の「ワールドロボットサミット2020」(8月福島大会、10月愛知大会)を延期することが、本日、主催者の経済産業省から発表されました(延期時期は未定)。

なお、「ワールドロボットサミット2020 愛知大会」と同時開催予定の「ロボカップアジアパシフィック2020あいち」については、現在のところ予定どおり本年10月に開催する方針ですが、国内外における新型コロナウイルス感染症の状況を注視し、開催の可否を見極めていきます。

本県では、安全・安心な環境の下、2つのロボット国際大会を成功させるため、引き続き経済産業省を始め関係機関と連携し、準備を進めていきます。

 参考

ワールドロボットサミット2020 【当初計画】

ロボットの社会実装を促進することを目的とした、社会課題を解決するロボットの競技会と未来の姿を発信するロボットの展示会。

○主催: 経済産業省、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構

○概要:

ワールドロボットサミット2020 概要
 愛知大会福島大会
日程2020年10月8日(木曜日)から10月11日(日曜日)まで2020年8月20日(木曜日)から8月22日(土曜日)まで
会場愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)
内容・ワールドロボットチャレンジ(競技会)
 ものづくり、サービス、ジュニア
・ワールドロボットエキスポ(展示会)
 企業・団体、自治体による最新のロボット技術を展示・紹介
・ワールドロボットチャレンジ(競技会)
 インフラ・災害対応

 

○問合せ先: 経済産業省 製造産業局産業機械課ロボット政策室
 電話:03-3501-1511(内線3819~3820)、03-3501-1049(直通)、03-3580-6394(FAX)
 

ロボカップアジアパシフィック2020あいち

アジア・太平洋地域の学生を中心とするロボット競技大会。
ロボカップは、ロボット工学と人工知能が融合する自律型ロボットの研究及び教育の深化を目的としたロボットの競技大会。アジアパシフィック大会は、ロボカップの裾野を広げることを目的に2017年から毎年開催されている。今大会はワールドロボットサミット2020との同時開催を予定。

○主催: ロボカップアジアパシフィック委員会、ロボカップアジアパシフィック2020あいち開催委員会(会長:愛知県知事)

○日程: 2020年10月8日(木曜日)から10月12日(月曜日)まで

○会場: 愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo) (12日は名古屋国際会議場でシンポジウムを開催予定)

○内容
・競技: サッカー、レスキュー、@ホーム、インダストリアル、フライングロボット、ジュニア
・シンポジウム: ロボット・AIに関する講演
・サイドイベント: ロボット企画展示、子ども向けワークショップ、ロボット活用施設見学ツアー等