ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格試験 > 労働者福祉 > 県内企業の平成22年夏季一時金要求・妥結状況調査結果をお知らせします

県内企業の平成22年夏季一時金要求・妥結状況調査結果をお知らせします

県内企業の平成22年夏季一時金要求・妥結状況調査結果をお知らせします

平成22年8月23日(月曜日)発表

 愛知県内企業の夏季一時金要求・妥結状況を、県内労働情勢の一つとして調査し、その結果をとりまとめましたので、お知らせします。

結果の概要(県内329社の回答)

☆妥結額:716,605円【前年比】 4,543円(0.6%)増加〈712,062

☆妥結月数:2.34か月【前年比】 0.05か月増加 〈2.29か

                   *数値はいずれも平均値(加重平均)。〈 〉内は昨年数値。

 

○ 夏季一時金の妥結状況は、昨年より額で4,543円、月数で0.05か月それぞれ増加し、調査開始(昭和38年)以来、最大の減少幅(妥結額△203,928円、月数△0.69か月)となった昨年に比べ、わずかながら増加に転じました。

○ 妥結金額の水準は10年前の平成12年(715,827円、2.41か月)と同水準となっています。

○ 妥結額を産業別に見ると、10産業中「情報通信業」、「電気・ガス・熱供給・水道業」、「製造業」など6つの産業で増加となりました。回答企業全体の4分の3を占める「製造業」を詳しく見ると、「電子部品・デバイス・電子回路」、「化学工業」、「窯業・土石製品」が2桁台の伸びを示しました。

平成22年夏季一時金要求・妥結状況調査結果について

問合せ

愛知県 産業労働部 労政担当局労働福祉課
調査・啓発グループ
担当:佐藤、福原
電話:052-954-6359(ダイヤルイン)
内線:3423、3424
E-mail: rodofukushi@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)