ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 労政局労働福祉課 > 仕事と介護の両立モデル事例集を作成しました

仕事と介護の両立モデル事例集を作成しました

平成31年3月6日(水曜日)発表

 働き手の人口が減少することが見込まれる中、2025年には団塊世代が後期高齢者に達し、要支援・要介護認定を受ける人の割合が大幅に上昇すると想定されており、仕事と介護の両立は、企業経営にとって、避けては通れない課題となっています。
 そこで、愛知県では、主に中堅・中小企業向けとして、仕事と介護の両立のポイントや実際に両立支援に取り組む企業を紹介する事例集を作成しました。
 この冊子では、両立支援に向けて、相談、気づかい、法定制度の活用、職場の雰囲気づくりなど、どの企業でも活用できるような視点から作成をしています。是非、御活用ください。

 

1 冊子の内容

(1)仕事と介護の両立支援について

  • 仕事と介護の両立支援に関する全体像(背景、ポイント、両立までの道のり等)をまとめています。

(2)主に中堅・中小企業が活用できる取組事例

  • 介護はチームプレイです。規模の小さな会社だから取り組めない、そんなことはありません。ちょっとした気づかいによる柔軟な対応が、両立支援につながります。
  • 実際に両立支援に取り組んでいる企業(9社)の制度づくりや職場風土づくりの取組を紹介しています。

(3)両立者のケース

  • 両立者は、家族親族、企業等、介護事業者等と連携しながら、両立体制を構築していく必要があります。実際に仕事と介護を両立している方(4名)の声を紹介しています。

 

2 仕様・作成部数

  • 仕様:A4判、16ページ、カラー刷り
  • 作成部数:1,500部

仕事と介護の両立モデル事例集

 

3 その他

  本冊子は、県労働福祉課で配布(無償)するとともに、以下のWebページ上でも公開しています。

 

4 問合せ先

  愛知県産業労働部労政局労働福祉課 仕事と生活の調和推進グループ

  電話 052-954-6360

  Eメール rodofukushi@pref.aichi.lg.jp

参考

 愛知県では、企業の人事労務担当者向けに「仕事と介護の両立支援策導入マニュアル」(平成29年2月発行)を作成しています。両立の取組を考えるアイデア集、手軽な参考資料として、併せてお読みください。

 以下のWebページ上で公開しています。