ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > バイオマス食器

バイオマス食器

ポリ乳酸系樹脂組成物、並びに成形品及びその製造方法(特許第5114651号)

要約

 石油資源の枯渇、地球温暖化などの環境問題に対処するため、植物を原料とするプラスチックの普及に期待が高まっている。本技術は、植物原料プラスチックであるポリ乳酸を、産業廃棄物として問題となっているホタテ貝殻、天然に産出する粘土と複合化し、耐熱性及び耐衝撃性に優れた環境負荷低減素材を開発したというものである。

特徴/セールスポイント

 本素材から製造される成形体は、ポリ乳酸のみより成る成形体に比べて、耐熱性が70℃以上高く、落としても割れにくいという特徴がある。製造も、プラスチックの汎用的成形方法である射出成形での成形が可能であり、コストダウンにつながることが期待できる。また、鋳込み成形等の窯業的な手法でも成形できるので、漆加工等を施すことにより、高付加価値製品への展開も可能である。

主な応用分野/市場動向

 食器・文房具・アメニティー用品など

提供する技術内容

 部品・素材、成形技術

開発状態

 試作品有り

図表

【バイオマス食器】

バイオマス食器

 

 

 

 

 

 

 

開発機関

 あいち産業科学技術総合センター

問合せ

愛知県知的所有権センター
電話 0561-76-8318
FAX  0561-76-8319

愛知県 経済産業局 産業部 産業科学技術課 (研究開発支援グループ)
電話 052-954-6370
FAX  052-954-6977